パリに向け出発の喜び冷めやらぬ中、
いきなりのカテゴリ台湾です(・∀・)

ほんとすみません。


さて、いざ降り立ちます!
P9114559
うーん。大都会。


この日の予定。

市街地にほど近い松山空港に16時位に着き、
街中から遠い桃園空港を23時台に出発。

そう、空港も違うんです。ははは(・∀・)
暑い中、台北市内を駆け抜けた記録です。


◆ ◆ ◆ ◆


松山空港は早々に出たので何も記憶がなく、
気づいたらMRTの乗り場に。
P9114561
どうしよう、、
全然わからん!!

とりあえずブルーラインの「台北車駅」まで行って、
スーツケースを預けた気がするの。
(桃園空港駅まで行く路線)

駅がどこか、記憶が定かでないのですが…

一応、桃園空港行きの電車の改札から結構近い所に
日本と同じようなロッカーがありました(・∀・)
P9114595
上の写真に写ってる、画面のとこを操作しました。


P9114571
ふむ、ふむ。。

出て来たレシートを大切に取っておいて、
引き取る時に打ち込めばいいのね。

一番危ないのは、ロッカーの場所を忘れることだけど…
改札からそう遠くなかったのが幸いでした!


◆ ◆ ◆ ◆


さ、身軽になってもう一度地下鉄に。
P9114574
なんか素敵な公園。異国情緒を感じます。


P9114575
生い茂る木が、南国感。

でもそうですよね、台北って。。
よく考えたら宮古島と緯度同じくらいですもの。


で、ここに来ました。
P9114578
「梁記嘉義鶏肉飯」です!

私、魯肉飯(ルーローハン)しか知らなかったのですが、
鶏肉飯(ジーローハン)も台湾のソウルフードだと。
ひとりっぷ®︎さんの本に載ってて気になって。

そっけない見た目の鶏肉飯、お野菜と目玉焼き…
「こういうのが一番美味しいんだよなぁ」
と思わざるを得ない、質素で美しい姿に会いたくて。


P9114584
お腹減りすぎて、注文の紙を撮ることも忘れ。
写っているあの紙にチェックをすればOKです。
もちろん、鶏肉飯と、目玉焼&ブロッコリーを注文。
キャベツと迷いましたけど(●´ω`●)

店舗は改装したばかりのようでした。
以前はズラッと並ぶおかずをセルフ形式で頂いていた模様。


P9114585
スープ系のものもあるし、テイクアウトもある。
テイクアウト、いいなーーー!!


そしておじさんが持って来てくれた。
P9114579
これこれこれこれ!!!


P9114580
ご飯は小ぶりでいい感じ^^
男の人はもう一つ余裕でいけそうです。

この上のあっさり柔らか鶏肉と、
ご飯までしみたタレが、もう美味しすぎて。・゚・(ノД`)
無言でかき込みましたよね…
優しい味だけど、その輪郭はしっかり。美味しい。


P9114581
そしてこのブロッコリーのニンニクで炒めたもの?
が、これまた抜群に美味しかた〜〜(*´Д`*)

日本で食べるそれのようには歯ごたえはなく
結構くたっとしているのがよくて!

そしてそして、勝手にかけられた醤油も愛しい
目玉焼ちゃん。こんなにそそる食べ物ってあるかしら。


P9114582
こうして食べると教わってたので。
載せてみましたけど。

素晴らしかった!!

タレしみご飯を黄身が中和してるのに
また醤油載せてるから塩気追加やん、
プラマイゼロやん.。゚+.(・∀・)゚+.゚って感じが
最高すぎる。もう最高。


これは大満足でした。
どこまでもツボをついてくる優しい食べ物でした。

みんな本当はこんなんが好きなんじゃん!
って思うと安心してしまう。あー美味しかった…


◆ ◆ ◆ ◆


さぁ、満腹になったところでもう一軒。
P9114586
すっかり夜。

いえ、2軒目まで徒歩20分(もっとか?)
かかる道を歩いてしまってね〜。。とっぷり暮れたわ。


P9114587
屋台があったり、興味深いけど…
目指すはこちらだったのでした。


P9114588
冰讚(ピンザン)」です…!!
マンゴーかき氷で有名なこちら。

4月〜10月までしか食べられないというから、
このタイミング逃すまじと行って参ったのです。


P9114589
お店はシンプル。
カウンターでオーダーしたら、ブルブルを
渡されるので、テーブルで待ちます。

ブルブルは必要ないかな?と思うほど、
夜はそんなに混んでなかったです。
昼間はきっと、多いんでしょうね〜。
 

P9114591
「芒果雪花冰」です。読めない。

多分大きさを分かってもらえない気がする。


P9114592
直径は握りこぶしの2倍といえば伝わるだろうか。。
ドカベンも真っ青の超大型丼ぶりです。

っていうか昔じいちゃんちの丼ぶりが
ドカベン柄だったからって、ドカベン=大食い
みたいになってるけど絶対違うと思うの(`・д・´)

何なら銀の四角のお弁当箱のことを
ドカベンっていうと思ってた。

ていうかドカベンって高校球児の漫画でいいですよね?


BlogPaint
店内には日本人の方が結構いたような。
そんで、「ふーん…」って感じになって帰って行った気がする。


気持ちは分かるんです。
台北でNo.1マンゴーかき氷って聞いたら、
ごっついものを想像して来たのかなって。
そうすると一見肩透かし食らってしまうのも納得。

ただ、このかき氷の魅力って激しく
主張されるものじゃない気がしました(*´Д`*)

シンプルにシンプルに、
とっっっても美味しいんです… 



見た目もドカベンだし、べちゃっと盛ってるし。
(氷はふわっとしてます)
媚び売ってないというか何というか。

そして自然な美味しさだから、
すーっと通り過ぎていくとでも言いますか。

一人ひと皿無理でしょ、って思ったけど余裕でいけました。
その位美味しくて、あっさりしています。
マンゴーも嫌味ないジューシーな甘さ。おいひい。
ふわふわ氷がほんのり甘いのも最高でした(●´ω`●)


暑い日に毎日でも食べられる美味しさ。
これは、「台湾の夏」を味わいにくると思って
訪れて欲しいかもしれません!


◆ ◆ ◆ ◆


台湾のローカル美味を2つ味わって
大満足にて、台北の夜へと足を踏み出したのでした。。

弾丸通り過ぎ台北にしては上出来でした(*゚∀゚)っ

いよいよ桃園空港へ向かいます〜!