遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

カテゴリ: パリ

お腹いっぱいでビストロを後にして。
ほど近くにはとっても行きたかったカフェがあったのだった。

P9134934
「La Fontaine de Belleville(ラ・フォンテーヌ・ドゥ・ベルヴィル)」

この時ね〜、お腹に1ミリも余裕がなくて…

元々のクラシックなしつらえを生かした
素敵な店内と、食べ物も美味しそうで…

そしてここ、ラ・ヴィレット方向に
コーヒーの焙煎所もあるようで。
WEBサイトには私の大好きなエコバッグも載ってて・・

行きたかったわぁ・・・(´Д⊂) 


今度パリに行くならここは絶対行きたい、カフェの覚書。


◆ ◆ ◆ ◆


さて、悲しみつつカフェの前を通り過ぎ、
サンマルタン運河をお散歩。
P9134935
だいぶ広くなっている辺り。
水面がめっちゃ近いので氾濫したら大変そう。


P9134936
この日は急に寒くなって、どんより曇り空。
人もまばらだった。


P9134937
突如現れるトイレ。

なんでこんな派手なの…と思い思わず撮影したような気がする。


P9134938
おお、サンマルタン運河らしい橋が!
と思った辺りで、寒くてギブアップ!!


寒い寒い…何かあったかいものを…ということでやって来たのが、人気カフェ「La Chambre aux Oiseaux」



店内。
P9134952
ここ、今回行ったカフェの中で一番好きだったかも。

昔からずーっとある老舗の小ぢんまりカフェ、
といった安定感ある雰囲気なのに、しっかりおしゃれ。


P9134946
有名な壁紙。
きゃわいぃ〜(*´Д`*)


メニューを見る。
P9134940
ここはプレートに盛られたブランチが有名。
食べたいよね。食べたいけど無理だよね。


P9134941
今度はこの12€の朝食を絶対食べるんだ!


ということで、おとなしくカフェクレーム注文。
P9134945
いたって普通のカップに普通のカフェクレームだけど、ほっこりあったまって美味しかったよう〜。・゚・(ノД`)

お店の方もちょうど良い感じに接してくれて、肩肘張らなくてよくて.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ベスト読書スポットであることを保証します!


P9134943
デザートは、焼き菓子系の結構BIGなのが多かった。

何か少しでもここの物を食べたいし、マドレーヌとかないですかって聞いたけどなかった.。゚+.(・∀・)゚+.゚


P9134947
どこをどう見てもおしゃれ。

うっすい水色(に見える)と木の茶色、
この独特なパターンの壁紙に古書っていう。
素敵すぎる眺めにほっこり。


P9134951
みんな、本などを片手にまったり過ごしておった。


P9134948
もしかすると、ドリンクや食べ物が
最高峰に美味しいとかではない。

でも飲食店て本当に総合点。

もしもパリに住んでたとしたら、
超こだわりの豆使ったコーヒーが飲めるけど
おしゃれが度を越して落ち着かない所よりも、
確実に満足できるここにきっと通ってしまうと思う。

寒さも練り歩きの疲れも吹っ飛んだ、
心がホッとするbutおしゃれなカフェだった。



◆ ◆ ◆ ◆


さ、サンマルタン運河を進もうね。
P9134953
ああ!私の心に描くサンマルタン運河そのままだよ〜!


P9134954
若干紅葉が始まってる木々と、反射する水面。
美しい。寒くなければずっとここにいたい。


今地図で見てたら、アメリが石切してた場所ではない?
似たようなとこがまだあるのかもしれない。


P9134956
んで橋を渡る。


P9134957
佇む女の子。


P9134959
パリに来た感ある風景に、めっちゃ写真を撮ってしまった。


P9134960
この時、パリの街中で何回も
このJOHN HAMONポスターを見かけた。

何者.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ではでは。

Atelier des Lumières(アトリエ・デ・リュミエール)
を後にする頃にはすっかりお昼を回ってて
ランチに向かうことにしたのだけど・・・
P9134924
(これはどこや)


やりたかったことリストの1 、
ランチの記録をしておきましょ。

リストは以下。
(あ、6.も叶ってたわ(*゚∀゚)っ)

1.ビストロノミーのお店でランチ
2.カジュアルなステーキ店に行く。ワインも飲む
3.クロワッサンの美味しいブランジェリーへ行く
4.パリならではのカフェで朝食
5.お洒落なブランチをする
6.新しいアートを見る
7.伝統のアートを見る
8.人気のパティスリーへ行く
9.サロン・ド・テでお茶をする
 



カジュアルなビストロ形態だけど
こだわりの味を楽しめる、みたいな感じで
“ビストロノミー”という言葉を捉えていた私。

合ってるのかしら^^;テキトー笑


もはやどっからビストロノミーで
どこからがビストロなのか分からないけど
フレッシュな野菜を使っていて
伝統的な出で立ちでない

それがビストロノミー・フレンチだと
勝手に思っている・・・

間違ってる可能性、大!!
ヾ(´ω`=´ω`)ノ



◆ ◆ ◆ ◆


とにかく旅先では、そして一人旅なら尚更
レストランに入るのが億劫だし、
ちょっと良い物を食べるぞと張り切る程
お腹が減らないし…(´・ω・`)

というシケたマインドで、高くないローカルな
ご飯にしか手を出さなかったのですが、
美味しそうなお店、気になってはいたのです。

ということで、一つでもチャレンジしたい、
しかもランチなら入りやすいだろうと、
今回はリストに加えておいた。


◆ ◆ ◆ ◆


私が勝手にビストロノミーちっくだと思っていた
お手頃で評判の良いお店、結構ピックアップ
していたのですが・・・


かの有名な「Septime」は人気店過ぎて
予約が取れなさそう&恥ずかしくて(何でや)断念。

Google Mapで見つけた
「Le Servan」は美術館からすぐ過ぎて、
モジモジして諦めまして。

「Pirouette」はこれまた人気店そうで
人見知りそうなのと、動線から遠くて…


他にも行きたいとこいっぱいあったけど、
まぁ、基本コミュ障を理由に諦めた(・∀・)


かくなる上は、動線上にある良さげな所に
「頼もう!」するしかないよなー…
ということでやってきたのがここ。


19区に近い、ギリ10区にあるビストロ
「Fraîche(フレッシュ)」
P9134933
シンプルな小ぢんまりした外観も素敵。


こちらもGoogle Mapで見つけたのだけど
なかなかの人気店のようで評価も高く。

アトリエ・デ・リュミエールをバスで北上して、
その後ウロつきたかったサン=マルタン運河への
動線も良いので、こちらに直撃することに。


席はほぼほぼ埋まってましたが、
勇気を出して「1人いいですか〜?」聞いたら
一番奥の小さなテーブルに通してもらえた。

よかった・・・!!
ここまで来ればあとはなすがままじゃ(・∀・)


デジュネのムニュから何かを頼んだのに、
もう何が何やら「美味しかった」ということしか
覚えておらんとです・・・!!


前菜のスープ?だと思われます。
P9134928
ビーツですよね・・・


P9134927
中央のサワーでクリーミーなsomethingが
ザックザクのクルトンと非常にあってて
ビーツ?の爽やかな風味とマッチしてて
非常に美味しかったの・・・

ってこんな感想しか残ってないなんて
私は一体何をしに行ったの(・∀・)

おフランスで初めての一人外食で
余裕がなさ過ぎた…(´・ω・`)
やはりレストランは、友と入りたいもの。



P9134929
余裕がないのでもちろんノンアル。
ドゥロガズーズシルブプレです。
(訳:ガス入りの水くんろ)


皿向こうのズダ袋に入っているパンが、
酸っぱい系でめちゃうま。
たくさんは食べれなくて残念至極。


んでメイン。
P9134930
ポーーーークを頼んだように思う。
(ハンバーーーーグの要領で)


P9134932
さっぱりとしたポーク&ソースで美味しかった。
トッピングのイチジクの
プチプチ&甘みがおもしろかった。


ただ、この日以降、レストラン&パティスリーにおいての私のアンテナは若干不調だった。(食べたいイメージ通りものをオーダーできたかという意味で)


この日のメインは煮込み系のホロっと系。
でも本当はジューシーグリル系が食べたかったの。
ロクにフランス語を調べず頼んだ私が悪い。

この日はお魚にしてもよかったかな。
お察しの通り多過ぎたしね…

デザート食べたかったけど入るわけなく(´Д⊂)


ちょっとお腹を落ち着かせて、お店を後にしたのだった。


◆ ◆ ◆ ◆


初めての一人お食事体験 in おフランス
にしては上出来だったと思う。

素敵な寛げる店内でヒネリの効いた
モダンフレンチを頂く大満足の時間。

ただ、フレンチの量を甘く見ていたのが誤算。
デザートも入らなかったのが悔しかった。


スターター・メイン・デザート・カフェ、
そしてワインの一杯でも、
さっぱりとこなせる大人になりたい^^;

品は良いけどカジュアルだし、
飛び入りでも優しく受け入れてくれたので、
私のようなひとりごはんにもいいと思う。


↓日本語で読めるサイトもあった
https://www.fraicheparis.fr/ja/ 


ではでは!

ホールから出たら、上映中のアーティスト紹介が。
あの恐怖のお顔じゃないですかぁ〜…

P9134907
HUNDERTWASSER(フンデルトヴァッサー)
というオーストリアの芸術家なのだとか。

オーストリア政府観光局のサイトに、
フンデルトヴァッサーハウスなる建物など
載っていてめっちゃ行きたくなった…!!


◆ ◆ ◆ ◆


さて、外に出たらお楽しみのミュージアムショップ
P9134916
建物自体も小さいので、お品自体はほんの少し、
でも楽しくて見応えアリでした。


置いてるものもセンス良くて。
P9134908
展示とは何も関係ないゴム跳びのゴムとか。
めっちゃかわいい。


P9134909
壁一面のお花はワンピにはならなかったけど
マグカップにはなっていた。


P9134910
かの有名な絵が、まさかの立体に!!

3Dになるといろんなことが気になる。
男性がにょーんと首伸ばしてるなーとか
髪天パだったのね、とか。。

コップもある!
用途が思い浮かばないけど。


P9134911
お皿が案外美しくてよい。


P9134912
金ピカのノートだってばよ。
日常で使うシーンが思い当たらないけど
飾るものなのかな。


P9134913
展示とは関係ないアンティーク調のもの。
パリを彷彿とさせる関連で置かれてるのかしら。

ここで唯一買ったのも、パリの本だったし。
本屋さんでも買えるっていう。


P9134914
かわいいピアス。


P9134915
クリムトのパターンのクッションカバー。
これ、、買えば良かったかも。
今見たらかわいい(*´Д`*)


P9134917
フンデルトヴァッサーとエゴンシーレの本が。
やっぱりそうだったのね(ホッ)


P9134918
金ピカノートのバリエーション。


P9134919
優しげなノートもありましたよ。


こちらではエコバッグが欲しかったのだけど、
ネットで見てたかわいいやつがなくて断念。

工場のシルエットちっくなギザギザ屋根に
Atelier des Lumièresの文字が入った
とってもかわいいやつを狙ってたのに…

どどーんと「ADL」書かれておる
日本人なら●代目を彷彿としてしまいそうな
代物だったのでやめておきました(´;ω;`)ウッ


全体的に、置いてあるものがセンス良く、
さすが新しいミュージアムだなって感じだった。


次はランチに向かう〜!

この美術館を見つけたきっかけが
「ハレ旅」っていうガイドブックだったよ〜

だから情報を違う角度から見られる
ガイドブックもたまにはいいわよね〜
と言うお話から・・・


旅の現地情報はネットでこと足りるけど

初めて or 久しぶりの場所や
何となく街全体を把握したい時は、
日本にいる間にガイドブックを一冊買って 
出発前に一度じっくり読んでおくのが吉。


今回はこれを購入。

 
ハレ旅 パリ (改訂版) 単行本 – 2018/7/20


ハレ旅は香港版も持ってて、まんべんなく情報を網羅しているけど一つ一つをきっちり紹介してるし、初めての場所の予習編にはちょうどいい本。

真面目に知れてテンションも上がる、みたいな。

ただ、分厚いので携帯には不向き。
巻末マップのみiPhoneの予備で持って行った。
 


あと、立ち読みした感じでは「地球の歩き方ムック」もいい感じ。
 
地球の歩き方MOOK パリ ランキング&マル得テクニック! 2018~19 (地球の歩き方ムック) ムック – 2018/3/8

最新&気の利いた情報をサッと網羅するには、
このシリーズかなり良いと思う。

現地通の生の声をたくさん載せている信頼の一冊。
めっちゃ評価高いのも頷ける。


私は本買う時には大体ブログ等で見尽くしてて
最近の情報はほぼ仕入れ済みなので…

これの香港版も気になったけど買わずじまい。

次、もし急遽旅立つことになったりして
その土地を何も知らない状態から買うなら、
絶対このシリーズが欲しいなって思う。
旅先にも持っていける軽さだしね。



◆ ◆ ◆ ◆



ということで今回は、ネットじゃなくてガイドブックで知った新しい美術館へ行ってきた。

こちら。
BlogPaint
2018年にOPENしたばかりの新スポット「Atelier des Lumières(アトリエ・デ・リュミエール)」


上の看板にもあるように、列を避けたければ
ネットで前売り券買えよ。と。

だから私この日の朝イチの前売券買ってたんだけど
オープンに時間かかるのがTHEおフランス…

ふつーに15分くらい並んだがな(・∀・)


多分当日券だともっと待つのだろうな。


P9134920
帰る時もこの行列。


この時開催されてたのは、クリムト展。

この人だったらオラも知っとる!!
と思ってチケットを買ったのだよ。


さて。

入るといきなりルネッサンスな絵が・・・(違う?)
P9134836
壁いっぱい、大迫力の絵画。

ていうかもう始まってるのね・・・(・∀・)つ


この美術館は、音楽に合わせてアートムービーがエンドレス上映されている模様。

何人かのアーティスト、または企画で構成されていて、上映時間は(多分)全部で50分もないかな?という感じ。


絵画が映し出されてグーっとズームインしたり、
スーッと消えたりモクモク〜っと別の絵が現れたり。
抜群のセンスでなめらかにシーンが移り変わっていく。

かっこよくてシビれた。


程なくしてクリムト始まる。
P9134842
うおおおお
クリムトさんが、スーッと大きくなって儚く消えてゆく。


P9134845
余談だけどこの床のパターンでワンピース作って欲しい。

床から壁から、アートで埋め尽くされて
そんでその中に包まれる私。

新しい体験すぎる.。゚+.(・∀・)゚+.゚


P9134846
木の枝のグルグルが少しずつ伸びていく。
名画がアニメのように動いてた。

どうやって作ってるんだろう。
面白い、面白い!


P9134852
このグリーンとお花たちがお洒落すぎる。
ワンピースの生地にしてほしい!(2回目)


P9134858
タッチが変わった・・・?

と思ったらこれ、エゴン・シーレ??
違う??

間違っていたら誰か…誰か教えてつかぁさい…
それともクリムトってこんな振り幅おっきい人なの。


障害物の陰のベンチに腰掛けて近くの壁をずっと見つめていたけど、そろそろっと場所を移動。


P9134860
そうしたら、また違う美しさ。


この美術館は大きな箱になっていて、ロフトのような2Fや階段、1Fの床、あちこち設けられている壁や何かの陰など、いろんな場所で好きに楽しめる。

この自由な感じがめっちゃ楽しい!!



P9134861
ちょっと高いところから撮ったような。


P9134862
階段に座って見るとこんな感じ。絵画があらゆる壁と床に投影された様が圧巻。

近くの壁を見ているのとはまた全然違う。


P9134863
あ、ここまでくるとクリムト先生とわかった。


P9134865
グリーンから、イエロー、ブルーと色彩がどんどん変わっていって


P9134867
はわわわーー幻想的。
絵画のアイコニックな部分をコラージュしているのかな?


P9134868
そしてエンドロールが。


その後始まったのが
P9134870
こちら。


P9134871
森?の中の奥に誰か倒れている。美しくてちょっと怖い。


一気にタッチが変わり。
P9134873
ざわざわ


P9134874
なんか綺麗な街並みなんだけど。
木になる目線と、ベタ青い空…


P9134875
…!!!めっちゃ目が…!!!
病みレベルが跳ね上がる。


P9134876
ホッ・・・


P9134877
ホッ・・・??


としたのもつかの間。
P9134878
綺麗なんだけど、そこはかとない不吉さ


と思っていたら。
P9134879
予感的中・・・怖い。子供の悪夢のような絵。


P9134881
あわわわわわわ
肝を冷やしたが美しい。


そして。
P9134883
無機質な線がビヨビヨって踊り出したから
・・・!?と思ってたら


P9134885
「ポエティック AI」ですって!
センス!センス!!(好きってことです)


P9134886
ここで一旦クリムト印。
パチパチパチ…!!(´∀`*)

素敵だったよぉ〜!!


P9134887
ロゴマークも映し出され、ちょっと間が空き…


あれっと思ってたらすぐに始まる。
P9134888
今度は1Fの床に降りて来た。

前方のお兄ちゃんを見習って、寝そべって見たよ。
マジでみんなこんな感じで見てる。

私ね、大きい美術館行くと
疲れて寝ちゃいたくなるんですけど。

ここはガチで寝そべられるのが素晴らしすぎる。
多分寝ていい造りとかではないけど笑

公園のようにリラックスしてアートを楽しめて
そしてアートが勝手に目の前にやってくる。

最高だと思う。

ズボラな人間にとっては
現状ぶっちぎりで最高の美術館(*´Д`*)


P9134889
ほんであのルネッサンスパートに戻る。
(あんた本当にルネッサンスでいいのかい)


P9134890
そう、これ確かルーブル美術館をずっと映してたような。
(またしても間違ってたらぜひ注意してほしい)


ルーブルに行かずして寝そべってルーブル堪能!!
わーいわーい♪


P9134893
床に映し出される模様にうっとり。


P9134894
ズームするとピクセルが。


P9134896
なんか広告みたいで可愛かったけど
これは誰?クリムトのものでええのかしら。


P9134898
と思ってたらクリムト再び。
一周回った!


P9134900
もう少し見てたくて、グルグル木の枝を鑑賞。


P9134901
あーかわいい。


P9134903
ここ!ちょうど撮れた!
モクモクモクって絵が切り替わって
とってもビューティフォー


P9134905
さっきのグリーンとは打って変わって
壁にも地面にも満開に咲いた真っ赤なお花。

鮮やかさにしばし浸り・・・


P9134906
ようやく出口へ向かった。


◆ ◆ ◆ ◆


展示内容もキャッチーで訪れたタイミングも本当に良かったんだと思うけど、アートに入り込む新しい体験。大満足!!


体を覆うように迫ってくるアートが次々と移り変わるのをジーッと眺めていると、まったく飽きない。

一回の上映は多分40分強くらいかなと思うけど、何周でも見てられる。


瞑想のようにいろんなことに思いを馳せたよ。

大人気なのでネット予約がオススメ。
展示が変わるたびに訪れたい!


ちょっと長くなったので
ミュージアムショップは次回。

ではでは!
 

おはようございます。
P9134808
光り差す、素敵な窓辺…


私はパリで目覚めたのね・・・!!!
と無駄に高鳴る鼓動&疲れ切った体。・゚・(ノД`)
P9134800
うむ、明けておるね( ゚∀゚) パリの朝ですよ。


P9134799
下を向くと地下への階段発見。
これ翌日気づくんだけど、朝食会場が地下にあったのだよ。

そう、ユースに朝食は付いていたけど
旅初日なので、今日はパン屋さんに向かうの巻。


P9134811
お宿の可愛い照明。アンティークだったりするのかな。


P9134821
階段の雰囲気もとっても素敵。


P9134823
重厚で美しい。


P9134816
中庭には学生たちが集まってた。
修学旅行的な何かかな?
よく見たら右下の子たちめっちゃふざけてる。


◆ ◆ ◆ ◆


今回の旅の大テーマは、
したいことをする。


高いし…とか、お腹減ってないし…とか、
パッとしないことしてる私…とか。

いつもなら言いそうな言い訳は封印して、
楽しめそうなら何でも興味あることを我慢しない、
あと、納得できないことがあったら我慢しない。
そして無理してアグレッシブに楽しまない

うん、我慢しないがテーマだった(・∀・)
(あと、無理しない)


増え続ける「行きたい場所リスト」を
消化できる自信が全くなかったので、
この旅でしたいことを別軸でリスト化してみた。


1.ビストロノミーのお店でランチ
2.カジュアルなステーキ店に行く。ワインも飲む
3.クロワッサンの美味しいブランジェリーへ行く
4.パリならではのカフェで朝食
5.お洒落なブランチをする
6.新しいアートを見る
7.伝統のアートを見る
8.人気のパティスリーへ行く
9.サロン・ド・テでお茶をする



このリストを軸に候補店を見直し日程をこなしたら、
興味の対象をまんべんなく体験できて
とても行動しやすかった。

ショコラティエに行くとか、コスメハントとか
他にもしたいこといっぱいあったけど、
これらは行動の合間に挟む感じに。
全部はどうしても無理やからね。
ヨシヨシ(´・ω・`)


◆ ◆ ◆ ◆


さ、今回はリスト3つ目、
クロワッサンが美味しいブランジェリーに行く編。

その後の予定の動線的にもよかったので、
クロワッサンの口コミが多かった
「Blé Sucré(ブレ・シュクレ)」に行くことに。


ちなみに、この旅ではバスをめっちゃ利用した。

スマホなしだと難易度高いバスだけど、
google MAPさえあればこっちのもの(´∀`*)
MAP.Ble Sucre
(写真ちっさ!)
この時は、76番のバスに乗ったみたい。


メトロで行けるルートもあるけど
階段が面倒だし、景色も見えないし、バスが好き。
目的地の近くまで行けるしね!

時間が許せばバスにばかり乗ったよ〜(・∀・)
P9134830
お店のすぐ近くの大通り。
メトロの最寄駅は「Ledru Rollin」。


P9134827
Blé Sucréのイートインはテラスのみ。

テラスっていうか道やん(・∀・)っていうのは
フランス全土のカフェに突っ込みたい。

この日は小雨が降っていて肌寒くて、
ささーと食べてしまったのでささーとご紹介。


P9134826
クロワッサンと、カフェ・クレーム。
みんなクロワッサンだから食べカスがすごい^^;

そしてお盆やテーブルにパン直置きの刑。
フランスの洗礼を何の抵抗もなく受け入れる私…


クロワッサンはここが一番!の声も多かったけど
確かに美味しかった…けど…

ただ、寒い日だから? 朝一ではないから??
パンが芯まで冷めてて…。・゚・(ノД`)

あと、思ったよりも甘い風味がした。
私は甘いの好きなのでOKだけど、想像と違う人もいるかも。

サイズは思ったよりめっちゃ大きく、
パフッと噛みしめると、バターの風味を含んだ風が
口にふわっと広がって、甘くて、美味しい。

形は丸みを帯びてますが、仕上がりがまちまち?
私が見た写真では、巻きの部分がもう少し
はっきりと立ち上がってた気がする。

文句が多いな。


とにかく、少し想像と違う部分もあったけど、ぬくぬくのカフェとよく合う最高に幸せなパリ一発目の朝ごはんだったよ。キリッ(`・ω・´)


P9134828
ここはタルト・タタンも美味しいのだそう。
知らなかった…!! 大好きなので次は買いたい。

マドレーヌが有名なのは知ってたけど、
1個ずつの購入ができなかったので断念。
この後、図らずもマドレーヌにどハマりするので
買えなかったことをちょっと後悔しただわ。


マドレーヌ、写真右上のガラスケースの上に
置かれているやつ。個包装で持ち帰りやすそう。


◆ ◆ ◆ ◆


クロワッサンが美味しいという
15区の「Le Moulin de la Croix Nivert」
「La Maison Pichard」
も行きたかった…
今度はパリの左下を巡る旅をしてみたい。


そして何気に、ブレ・シュクレ周辺は行ってみたいお店が満載。
周辺
取り急ぎチェックしてたとこだけでも
パン屋「Farine&O」「Boulangerie BO」
ちょっと北上すれば「Maison Landemaine」
またまた北上してパティスリー「Broken Biscuits」
カフェ「Mokonuts」などなど…

この辺住みたいわ(*´Д`*)


P9134829
初の朝ごはんを順調にいただけて、
ルンルンで次の目的地へ〜! 

↑このページのトップヘ