ホテルを出まして、いざ。
・・・どこへ行こう??

今回は映画の他はとくに何の予定も立てず、観光するつもりもなかったので、原爆ドーム付近を折り返し地点にブラブラと街中を歩きます。

以前母と訪れた際、号泣しながら出てきたという・・・「原爆資料館」は、今回は見送りました。


いつもは見なかった角度や近距離から見たり、
近景
ここが物産館として運営されてた建物だったことを知ったり、
昔とは違う視点でしばし原爆ドームを眺めておりました。



そして。
路面電車を降りる時から気になっていた、原爆ドーム公園からもチラッと覗く見慣れぬ建物・・・
これは・・?
なんじゃろ?

全景を見るとこのような感じ。
全景
地上14階建て、“新しい広島のランドマークタワー”こと
ORIZURU TOWER HIROSHIMA(おりづるタワー)」です!

こちら、帰ってから調べて分かったのですが、
広島の一大自動車メーカー「広島マツダ」が運営しているようなのです。


1933年にこの辺りの猿楽町で創業したマツダは、1945年の広島原爆投下により、全社員と社屋も失ったそうです。もう草木すら生えないと言われた焼け野原のなか、広島の復興とともに成長してきた企業として、“ここでしか発信できない希望”を届けるため、試練を乗り越えてきた広島の人々の強さと、平和で優しい未来を象徴するようなこの建物をオープンしたそうです。(個人の解釈入っております^^;)
※行った時はプレオープン、グランドオープンは9月23日のようです

こちらサイトを見てさらに色々感動した点があります。
この建物は原爆ドームに圧迫感を与えないため、また周囲の景観にとけ込むため、ビル側面のガラス面は4mほど奥に引っ込ませ、柵を設けたそう。側面は緑化していく計画だそうで、街のことをきちんと考えて建てられたものっていいですよね^^


行った時は知らなかったその深い理念に、軽い気持ちでルンルン楽しんだことに何となく申し訳ない気持ちに。でも、こうやって人が集まるから、街が活性化する一助になるんですよね!

前までの広島市街地は、ちょっとかわいいお土産を買ったり集いたくなるオシャレスポットが街中にない印象でした。これから若者の集う場所としても定番化していくのではないでしょうか^^


◆ ◆ ◆ ◆

さて、早速入ってみたので、当日見た館内(1Fのみ)をご紹介。

握手カフェ
まずは入って右手、通り沿いからもオシャレな空気をプンプン漂わせているカフェ。
「握手カフェ」という名前も、この建物のコンセプトにすごく合ってます。



カフェ内観
和の要素がポイントになったオシャレ空間!


折り鶴
天井にもシルバーの折り鶴のオブジェが。


そして左を向くと、広島の人気お土産を幅広く取り揃えたショップがあります。
お土産
テーマ性のあるディスプレイがかわいい^^ これはレモンですね。
手前にはもみじまんじゅうオンリーの棚や、お好みソースのみの棚も♪
高い天井から光が差し込んで、本当に気持ちいい空間です。
お土産選びもはかどりそう。


折り鶴にちなんだものも
お土産
かわいいイヤリング!

お土産
パッケージかわいいと思って撮ったけど何だろう、石けん・・・?
と思って調べてみたら、なんと折り鶴の「再生紙紙粘土」らしいです。

平和記念公園に送られてくる折り鶴、ずっとは取っておけないでしょうし、それを紙粘土にするなんてアイデアが本当に素敵ですね^^


お土産
めっちゃかわいい箱に入った、ジュレや・・・


お土産
やばい、コレも素敵です!!
いつの間に広島のお土産市場はこんなことに!?



奥の方には、こんなにオシャレなパッケージの名産品たちも。
牡蠣のオイル漬け
牡蠣のオイル漬けがこんなオシャレに〜!!
こんなお土産あげたら株上がりそうだにゃ〜



ワイン
ワイン「一杯の世羅」

広島県の世羅町が生産しているワインみたいです。(「道の駅 世羅」でしか情報出て来なかったけど・・・町が作っているでいいのかな??) その名の通り一杯分がパウチされていて、気軽に試せるのがいいですね!


この時はプレオープンだったのでまだ開いてない所も多かったみたいですが、一階だけでも十分に楽しめました。

最上階には展望台もあるので、時間があったら登ってみてもいいかも^^
サイトを見てみると分かりますが、広島の街はてはその向こうの山々を一望できますよ!

広島の市街地に出現した新スポット、
また来てたくさんお土産を買ったりカフェで休憩したりしたいです!

HIROSHIMA ORIZURU TOWER(おりづるタワー)
広島県広島市中区大手町1-2-1
http://www.orizurutower.jp