さ、パリ記を延々と続けて参りましょう。


これはサンポール駅から出たあたりだったかしら。
P9144975
広場のカルーセルが胸トキメかす。

宿の「Auberge de jeunesse MIJE Fourcy」
昨日は急遽個室に泊まったけれど、
今日はいよいよドミトリー。

ということで買ったものなど置きに一旦宿へ。


ベッドはここだってばよ。 
P9144979
ベッドは早い者勝ちだそう。
あまり空いてなかったので天窓の明かり眩しいこちらにしましたよ。


P9144978
ここはここで気に入りました。
ちんまりした天窓を背のびして覗くと中庭が見えるんだぞ。


この右側のベッドなんですけどね、なんですけどね。

翌日またここで事件起きるっていうことは
まぁ、翌日、知るんですけどね。。


P9144977
こんな作りの部屋で、電源独占できるのはええじゃないか(・∀・)


1フロアにこんな部屋が2つと、
ベッド2つの小さな部屋が1つありました。

各部屋にドアはないのに空間は通じてる不思議な造り。


P9144980
これがベッド2つのスペース。
友達と泊まってここが空いてたらラッキーですね。


P9144981
このような廊下の先には階下に降りる階段と
シャワー室やトイレなんかが。

降りた先にドアがあって、そのドアの鍵をもらう感じです。
この感じ、めっちゃ斬新で楽しかったです^^


P9144982
その先の個室にもこのようなスペースが。
実は翌日、逆側の部屋のこのベッドに寝ることになるんです。

3日連続でベッド変更。


要約すると、翌日の夜、観光でくたびれた私が
当初のベッドで早々に眠ってたら
小さい女の子連れた東欧系?のご婦人がきて

お前なんでここで寝てんねん(゚皿゚メ)

言われましてね。


え…(((( ;゚д゚)))


事情を聞いたら、受付のおじさんが隣り合ったベッド2つに
娘ちゃんと寝なさいと言った、これがその番号や、
ワレどうなっとるんやと言うわけです。

譲ってくれる?と聞かれたなら全然いいのですが、
登場がまるでヤクザだったため、一応弁解する私。

ここのベッドは皆、好きに取ってますけど(((( ;゚д゚)))


それでも東欧ウーマンすんげー怒ってまして、
な、なぜ私が・・うっ・・(´;ω;`)ってなってたら

隣の部屋から初老のフランス人女性がパーン出てきて

ここでは誰もそのルール聞いてないし、
守ってもないわ!!(`・ω・´)キリッ


って言ってくれて泣きそうになりました。。
マダムかっこいい〜(´;ω;`)



ベッド譲るのは全然良いのですが、
ここは論点はっきりせねば。

なぜなら今回の旅の目標は、
思ったことはなんでも言う、我慢しない、
納得いくまでやり切る、
ですので
受付のおじさんのところにも勿論参りました。


ベッドの番号指定聞いてないし、人が寝てるかもって
ご婦人にちゃんと説明するべきでは?(`・ω・´)キリッ


って言ったらおじん、なんて言ったと思います?

あ〜〜君がベッドをどけばいいじゃないか(゚д゚)


・・・
フランス人あるある〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚


と言うことでやり切って、
ある意味気持ちよくベッド譲りましたよ(´∀`*)
ご婦人も、誤解してたわごめんなさい…言うてたし。


それはさておき、ドミトリーからの風景はとってもよかったよ。
P9144986
この屋根が好きすぎて、この窓際ずっと座ってられる。


P9144995
学生がたむろする中庭。jeunesseのjardin的something。



P9144996
廊下の梁とかの感じも好きだし。


P9145000
初日にみた庭を上から見たり。
この渡り廊下好きよ。


P9144999
映画に出てきそうな館に無造作に泊まれる喜び^^



ということで、3日連続でベッドを変えた話でした。
ハプニングに対処する勉強になりますた。


実は4日めに、フランス人マダムが
私の部屋お隣の子帰ったからくれば?めっちゃ快適やで。
言うてくれたのですが、全日ベッドを変えるのが流石にしんどくて
ノーサンキューbutアイラブユーを全開にして断りました(´∀`*)

しかし本当に良いマダムで一緒に滞在できて楽しかったです♪


次は夜のエッフェル塔などなど〜