コン・カフェのしょっぱドリンクで休憩したら、
最後は「Pheva Chocolate」でお買い物。

ベトナムといえばカカオの生産も盛ん。
ダナン発祥の人気チョコレートショップだよ。


ベトナムにはお洒落チョコブランド
「MAISON MAROU(メゾン・マルゥ)」があるけど
シングルオリジン的こだわりチョコって
すっぱっ!!となることが多いので
お土産には向かないかなって。&高いかなって(・∀・)

庶民だよ。

チョコとしてしっかり美味しくて、
フレーバーもわかりやすくて、
パッケージがカラフルで可愛いと評判の
こちらにやってきたの〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚


::::::::::


少しだけ画像あった^^
P5224372
ミニサイズのカレ・ショコラ12枚入りBOX×2、
タブレットショコラ×2で、2000円行かなかったはず。

お得で可愛い(*´Д`*)


P5224374
フレーバーはこの通り、たくさんありまして。

こういうの選ぶ時って、見た目の楽しさで
絶対食べないような味も買いがちだけど、
「バラエティのためだけに買う」のが苦手で…

個性的過ぎるものや同僚選抜で残るであろうものは選ばず、ひたすらわたしが食べたいものだけをチョイスした。


味は18種類ある模様。
http://www.phevaworld.com/pheva-chocolate.html?lang=jp


P5224375
BOXを購入するとこんなギフトバッグもくれるので、
お土産にはスーパー素敵かと思われます。


P5224378
このような組み合わせも可愛い(●´ω`●)

サイトには、ベトナム語、英語、日本語があったので
日本人に人気なのだろうね。
我々は人が買ったものが欲しくなる民族なのだ。
ウホウホ。

 
P5234383
ホワイトチョコレートバーのピスタチオはこのような感じ。

 
P5234385
カカオの実がデザインされていて素敵。
タブレットは滑らかで美味しかった!

 
夜でも30℃は余裕で超える猛暑の中、
一番不安だったのが溶けずに持ち帰れるか。

が、心配ご無用。超ゴツい保冷剤を入れてくれるのです.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 保冷バッグのみ購入して、チョコレートは到着するまで冷や冷やのまま保存できたよ。


この時点で完璧に夜となったので、
次はいよいよ帰路編。