おはようございます。
残りのハノイ日記、やりきりましょう(`・ω・´)
P5204219
ということで、2日目は疲れ果てているので朝食はホテルにて。


P5204220
本日はこちらのソファに案内された。
違うアングルの写真が撮れてよきかな。


そして頼んだ・・・
P5204221
フォー。


P5204223
フォー。


御察しの通り、フォー・ザー・チュエンのものとは似ても似つかぬ・・・いや、日本で食べるフォーに似ております!お肉が少し寂しかったかな〜。麺も。

現地ご飯こそ、外で食べるべきだと実感した。
高級ホテルだとまた違うと思うけど。


P5204224
ということで、大好きなベトナムコーヒーにミルクを入れて。
パンは少し焦げましたね。
ジュースは何故か激甘よね。


一旦お部屋に戻りお出かけ準備。
P5204226
とっても暑そう。


チェックアウトもして、荷物を預かってもらう。
P5204228
ロビーをパチリ。ブルーが好きで。
ソファが何となくすすけておるよ。


P5204231
この背の高いソファ好き。


P5204234
さ、暑い中ちょっと進みます。


P5204235
真夏感がすごい。


P5204237
少年が可愛い。顔に何つけてるの…


::::::::::


さて、ちょっと道を進んでから、この日覚えた必殺技。
Grab(グラブ)にチャレンジするの巻!!
Grabの使い方-1
こういうの。(ネットからお借りいたしました)



Grabとは、いわゆる「Uber」。
配車アプリですね(。・ω・)ノ゙

Uberが東南アジアから撤退して、Grabが浸透したのだそう。


アプリから開けてもできますが、ここはシームレスに
Googleマップを開けて、目的地を入力すると…
車や徒歩、公共交通機関などの選択肢が出ます。

その中の、手を上げている一番右のマークを選びます。
「7分」って出てるやつ。
IMG_0575
するとどうでしょう〜(*´Д`*)
右に料金まで表示されるのだ。

目的地がまぁまぁ近いのもあるけど、
60円〜って!!安すぎて震える。

そんなにあることなのか分からないけど、
ハノイのボッタクリタクシー伝説にビビっていた私、狂喜乱舞。


今がハノイ現地じゃないからなのか、
この画面から進めなかったんだけど、選択肢は以下の感じかなと。

 Grab Taxi=車
 Grab Bike=バイク2人乗り
 GrabCar 4 cho=??でっかい車(・∀・)??



「Taxi」を押せば、マップ上に今走ってる車がアイコンでバーッと出てくる。
「Bike」を押せばバイクが…以下同。

どれかポチポチ押してみて、どの手段にするか決めたら、
受け入れてくれたドライバーさんが表示されて、
「後何分で着きます」的な表示が出る。


そして呼んだ場所で待っていると
それっぽい人が到着し、名前を確認される。


後はバイクだったらヘルメットを受け取り、
後ろに乗って、目的地までレッツゴー♪

メリットがありすぎて嬉しすぎる。


●言葉をほぼ喋る必要がない。
  (目的地すら運転手は分かってるから)
●最初に料金が出るのでボッタクリできない。
●乗った後評価できるから、高評価の人を選べる!
●最初にアプリで登録したカードから引き落としだから
  面倒な支払いは一切ナシ。



スーパーー便利!!(ノ`Д´)ノ


◆ ◆ ◆ ◆


注意点としては、呼んでも予定時間通りに来ず
ちょっと待たされた果てに断られたりすることがたまにあった。

多分acceptしたものの、渋滞に巻き込まれたり、
もっと良い(近い?)お客見つけたとかなのかねぇ。


あと、会えないとドライバーさんから電話がかかったりするけど、

無理ィィィ(゚∀゚)

ベトナムの方と電話なんて難易度高すぎる笑
私は電話は放置して、道に出てキョロキョロするなどで対処したよ。


::::::::::


というわけで、猛暑の中を練り歩く苦労とはおさらば。
これを知ってからというもの、この後は全てGrabで移動した。

ちなみに私はほぼGrabバイクを利用。
たくさん走ってるから捕まりやすかったのと、
安いのと、観光ぽくて楽しかった。


見知らぬ方と2人乗り…?と思いきや、
以外や以外、めっちゃ楽しくて。
埃っぽい道を車の間を縫いながら走る超スリル、
日本ではなかなか味わえませんのでね。
Grab Bike、神経質でない方には激オススメです。


さて、Grabで楽々向かったのはどこでしょか…

続く。