遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

2019年02月

おはようございます。
P9134808
光り差す、素敵な窓辺…


私はパリで目覚めたのね・・・!!!
と無駄に高鳴る鼓動&疲れ切った体。・゚・(ノД`)
P9134800
うむ、明けておるね( ゚∀゚) パリの朝ですよ。


P9134799
下を向くと地下への階段発見。
これ翌日気づくのですが、朝食会場が地下にあったんですよね。

そう、ユースに朝食は付いていたのですが
旅初日なので、今日はパン屋さんに向かいます!


P9134811
お宿の可愛い照明。アンティークだったりするのかな。


P9134821
階段の雰囲気もとっても素敵でした。


P9134823
重厚で美しい。


P9134816
中庭には学生たちが集まってました。
修学旅行的な何かかな?
よく見たら右下の子たちめっちゃふざけてる笑


◆ ◆ ◆ ◆


今回の旅の大テーマは、
したいことをする。


高いし…とか、お腹減ってないし…とか、
パッとしないことしてる私…とか。

いつもなら言いそうな言い訳は封印して、
楽しめそうなら何でも興味あることを我慢しない、
あと、納得できないことがあったら我慢しない。
そして無理してアグレッシブに楽しまない

うん、我慢しないがテーマでした(・∀・)
(あと、無理しない)


増え続ける「行きたい場所リスト」を
消化できる自信が全くなかったので、
この旅でしたいことを別軸でリスト化してみた。


1.ビストロノミーのお店でランチ
2.カジュアルなステーキ店に行く。ワインも飲む
3.クロワッサンの美味しいブランジェリーへ行く
4.パリならではのカフェで朝食
5.お洒落なブランチをする
6.新しいアートを見る
7.伝統のアートを見る
8.人気のパティスリーへ行く
9.サロン・ド・テでお茶をする



このリストを軸に候補店を見直し日程をこなしたら、
興味の対象をまんべんなく体験できて
とても行動しやすかったです^^

ショコラティエに行くとか、コスメハントとか
他にもしたいこといっぱいあったけど、
これらは行動の合間に挟む感じにしました。
全部はどうしても無理ですもんね(´・ω・`)


◆ ◆ ◆ ◆


さ、今回はリスト3つ目、
クロワッサンが美味しいブランジェリーに行く編です。

その後の予定の動線的にもよかったので、
クロワッサンの口コミが多かった
「Blé Sucré(ブレ・シュクレ)」に行くことに^^


この旅ではバスにめっちゃ乗りました!

スマホなしだと難易度高いバスですが、
google MAPさえあればこっちのもの(´∀`*)
MAP.Ble Sucre
わっ!!写真ちっさ!すみません(*´ェ`*)
この時は、76番のバスに乗ったみたいですね。


メトロで行けるルートもありますが
階段が面倒だし、景色も見えないし、バスが好き。
目的地の近くまで行けますし^^

時間が許せばバスにばかり乗ってました!
P9134830
お店のすぐ近くの大通り。
メトロの最寄駅は「Ledru Rollin」です。


P9134827
Blé Sucréのイートインはテラスのみ。

テラスっていうか道やん(・∀・)っていうのは
フランス全土のカフェに突っ込みたい。

この日は小雨が降っていて肌寒くて、
ささーと食べてしまったのでささーとご紹介。


P9134826
クロワッサンと、カフェ・クレーム。
みんなクロワッサンだから食べカスがすごい^^;

そしてお盆やテーブルにパンを直置きの刑。
フランスの洗礼を何の抵抗もなく受け入れる私。


クロワッサンはここが一番!の声も多かったのですが
確かにとっても美味しかったです。

ただ、寒い日だから? 朝一ではないから??
パンが芯まで冷めてて…。・゚・(ノД`)

あと、思ったよりも甘い風味がしました。
私は甘いの好きなのでOKですが、
想像と違う人もいるかもしれません。

サイズは思ったよりめっちゃ大きく、
パフッと噛みしめると、バターの風味を含んだ風が
口にふわっと広がって、甘くて、美味しい。

形は丸みを帯びてますが、仕上がりがまちまち?
私が見た写真では、巻きの部分がもう少し
はっきりと立ち上がってた気がします。

少し想像と違う部分もありましたが、
ぬくぬくのカフェとよく合う、最高に幸せな
パリ一発目の朝ごはんでした^^


P9134828
ここはタルト・タタンも美味しいそうです。
知らなかった…!! 大好きなので次は買いたいな。

マドレーヌが有名なのは知ってたのですが、
1個ずつの購入ができなかったので断念。
この後、図らずもマドレーヌにどハマりするので
買えなかったことをちょっと後悔しました^^;

マドレーヌ、写真右上のガラスケースの上に
置かれているやつです!個包装で持ち帰りやすそう。


◆ ◆ ◆ ◆


クロワッサンが美味しいという
15区の「Le Moulin de la Croix Nivert」
「La Maison Pichard」
も行きたかった…
今度はパリの左下を巡る旅をしてみたいです。


そして何気に、ブレ・シュクレ周辺は行ってみたいお店が満載。
周辺
取り急ぎチェックしてたとこだけでも
パン屋「Farine&O」「Boulangerie BO」
ちょっと北上すれば「Maison Landemaine」
またまた北上してパティスリー「Broken Biscuits」
カフェ「Mokonuts」などなど…

この辺住みたいわ(*´Д`*)


P9134829
初の朝ごはんを順調にいただけて、
ルンルンで次の目的地へ向かいます〜! 

パリ市のお土産屋「Paris Rendez-Vous」を出て
BHVのあるヴェルリ通りまで北上。

お目当ての小さなパティスリーが
Maison Aleph(メゾン・アレフ)」です!


こちら店構えもしつらえもめっちゃ可愛くて、すんんごく写真に収めたかったんですけど初日の恥じらい(笑)であまり撮れなかったので、ほぼ手元のみでお送りします…(*´ェ`*) 

店構えも他のメニューも本当に可愛くて素敵なので
お店のインスタグラムをぜひ見てください!

私の写真では5%も表現できていません(´Д⊂)
P9124785
いきなりですがショーケースです。
ね、もうかわいいでしょう(●´ω`●)

花びらとか、もう、キュンキュン。


こちらは角野恵子さんのブログで知り、
行けたらな〜と密かに楽しみにしていた場所。

なんでもオーナーはシリア出身の女性で、
パリによくあるいわゆる“アラブ菓子”ではなく、
子供の頃に食べていた美味しいアレッポのお菓子を
作りたい!と思ってお店を作られたそうです。

シリアを中心とした地域をレバントというそうで
「レバント菓子」って言うんですってよ!
(すべて受け売り)


◆ ◆ ◆ ◆


話は逸れますが。

Alephという言葉を聞いて、!?と思ったのですが
昔使ってたアレッポの石鹸、まさにその土地ですよね!?
と勝手に親近感が湧き嬉しくなる(*´ -`)(´- `*)

ていうか待って。
今調べてたらありました。




オリーブとローレルの石鹸(ノーマル)2個セット[並行輸入品]


貰い物だったんでそんなに有名とは知らなんだ。。
評価良すぎてびっくりしました(*´Д`*)

アレッポの石鹸、素材はナチュラルだし
めっちゃしっとりするし使い心地抜群でオススメです!


◆ ◆ ◆ ◆


脱線が過ぎる。

そう、アレッポのお菓子です。
もう頼んだもの出しちゃいます。
P9124782
オススメを聞いてそのまま購入。
と、多分、カフェ・クレーム。
でイートインします。幸せ(*´Д`*)♪


私本当に写真が下手。
下手っていうか、ここのお店本当に狭くって。

お店のおねーさんがすぐ左にいて、
粘って写真を撮るのがもう恥ずかしくて
パシャっと撮ったらこうなるっていう。

そんな自意識過剰な私ヾ(´ω`=´ω`)ノ

ちなみにおねーさんはめっちゃ優しいので
皆さんは恥ずかしがらずに何枚も撮りましょうね。


P9124784
オススメは、キャラメルの何某と、
手前は忘れましたーーー。・゚・(ノД`)

レバント菓子の特徴は、このパリパリの生地。
パリパリと言うとパイみたいだから適切ではないような。。

ほっっそい麺みたいなのがぎゅーっと集まってる
生地なんですけど、言葉を超えた美味しさなんです。

ザクッというと繊細さに欠けるし・・・

繊細だけどぎゅっと安定感あるベースの生地が、
ふくよかなキャラメル味のクリームをふわっと纏ってて
生地のベーシックな味とトッピングが合ってて、
全体のまとまりが完成度高い。

えっと、美味しいです。

あんまり食べたことない美味しさに
終始笑顔かつテイクアウトもしてしまったという。

食の感想は難しい・・・(●´ω`●)


P9124786
食べられる2個しか買わなかったけど、
たくさん買えば可愛いBOXに入れてもらえる(●´ω`●)

店舗の水色も、シリアの失われつつある
建物などから取っているそうです。
ええと、全て角野恵子さんのブログ情報です。


シリアは美しい国なのだ、この美しさを伝えるのだ、
そんな意思を感じる、未体験食感のお菓子。

美味しくて可愛いアラブのレバント菓子を
また絶対食べに行きたいなと思いました!


写真下手ついでにもう一枚(・∀・)
P9124783
床のタイルもめっちゃ可愛かったです。
大理石柄のテーブルも。

恥ずかしがらずにもっと撮ればよかった(*´Д`*)


◆ ◆ ◆ ◆


さすがにくたびれて、宿に戻って夕方から爆睡。


起きると、なんと。
P9134794
夜になってたーーしまったーー!!!

食べる予定のもの、いっぱいあったんです(´;ω;`)
夜ご飯を一食逃した悲しさよ。

でもさすがに初日で疲れ切ってて、
この暗い中出て行こうとは思えなかった私。。


P9134795
人様んちの窓明りを見て、もの思いに耽り。
(この地区に住めるって相当お金持ちでしょ、とか。夢がない)


P9134796
こんななんでもない風景が、パリにいるんだって一番感じる。

着いた喜びを噛み締めながら、
再び眠りにつきましたとさ・・(´∀`*)

肩慣らしの1日目が終了、
本格始動の2日目に続きます!


シテ島で少し休憩したら北上し右岸へ!
再びお散歩に歩き出しました^^


パリ到着後からずっと歩き通しのこの日、
さすがに疲労が溜まって来たので…^^;
マレ地区付近をウロついて宿に戻ると決め、
こちらにやってまいりました。
P9124776
パリ市庁舎 Hotel de Ville(オテル・ド・ヴィル)
の中にあるギフトショップ、
「Paris Rendez-Vous(パリ・ランデヴー)」です!

ブルーの看板、書体がおしゃれ!
ぶどう、クロワッサン、ハートの3つが
トリコロールカラーで表現されてるの(●´ω`●)


P9124777
市庁舎に併設されてる観光案内所に、
パリ市直営のギフトショップを設けたという寸法。

観光に必要なパンフレットなども手に入るし、
旅行者はここに来れば何か得るものがあるという。

この看板も素敵でないかい。


P9124778
階段もトリコロールカラーでにくいねぇ(´Д⊂)


ここのグッズは、かわいい物もたくさんあるのですが
中には女子がターゲットなのかな?と思われる、
パリジェンヌが自転車に乗ってエッフェル塔の前を
通ってます…みたいなコテコテのデザインも^^;

この日はこれ!というものがなくて購入には至りませんでした。


が、悩んだものもあり!
P9124780
この一角のTシャツとか、


P9124779
この袋の中に入ってるんです!めっちゃ可愛かった!


P9124781
夏になると出現するパリの砂浜?
パリ・プラージュのデザイングッズも。
めっちゃかわいい!! 

今見てたらやっぱり買ってもよかったかな〜
なんて。。(´;ω;`)

他にも写真には撮れませんでしたが、お土産にぴったりのパリらしいグッズがたっくさん並んでるので、一度覗いてみたら良いかも! 


↓パリナビの詳しいページがあったので参考までに
https://paris.navi.com/shop/233/ 


メトロの駅からもBHVからもすぐですし、
マレ地区ショッピングのついでにちょろっと寄れる 
素敵なパリ市直営お土産店でした♪

次は最後のお茶休憩に行きます^^ 

スマホ開通で、どこにでも行ける( ゚∀゚)アハハ八

と無双状態になったと思いきや
実は、現金を全く持っていなかったので
心もとなさがえげつなく。・゚・(ノД`)

パッサージュ・デ・パノラマの近くにある
両替所「Or et Change(オール・エ・シャンジュ)
のレートがとっても良いと聞いていた私、
そこへ行く気満々だったのですが・・・


おや?
P9124754
目についた銀行のATMで
キャッシングをしてしまいました…(・∀・)


マドレーヌ付近で身なりの良い人が多く
スリに狙われなさそうな雰囲気であったことと、

人通りの少ない場所にあるむき出しのATMは
使わない方が良いという情報を思い出して、

ここ、チャンスなんじゃ!!
と思い反射的に引き出していました。

全部思った通りにしようとすると疲れるし(・∀・)
レート覚えてないですが、そんなに悪くなかったはず。

ということで現金もゲットし自信満々。


メトロの写真を撮る余裕も出て来たよ。
P9124755
もー、好きです!パリのメトロ。


そして着いたのはここ。
P9124756
「パッサージュ・ジュフロワ」です!

・・・??
私、なぜここに来たのでしょう。

この辺り、前出の「パッサージュ・デ・パノラマ」
の目と鼻の先にあるのですが、
両替所が近いから来ようとしてたに過ぎない。

現金はもう持ってるのになぜ・・^^;
多分疲れてたんでしょうね。。

とりあえず、ずっと来てみたかった
ジュフロワを見学してみたという感じで!


◆ ◆ ◆ ◆


パッサージュ・ジュフロワが気になってたのは
十数年前、モデルのSHIHOが右肩上がりだった頃
雑誌MOREの特集でパリを訪れていて・・

あの頃の勢いあるSHIHOの可愛さと、
ジュフロワで撮影していたことがなぜか
めちゃめちゃ印象に残っているんですよね〜(・∀・)


パッサージュが何なのかも分からないまま
ただただ月日は流れ、近くを通ったという理由だけで
ようやく足を踏み入れることができました!


P9124758
かわいい(●´ω`●)

丸く突き出した看板も、レトロな天井も、
セピアな感じの全体の印象も。


P9124759
調べていてだいぶ泊まりたくなった
「ホテル・ショパン」もありました!

結構年季が入ったレトロさだったので、
久しぶりのパリには入門編ホテルの方がいいかと
今回はチェーン系を選んだのですが。

こういうプチホテルに色々泊まってみたい♪


P9124760
確かホテルの前を曲がったらここだったかな?
水色の壁と、SORTIEの文字も愛くるしい。


P9124761
図書館??こんなとこに?本屋じゃなくて?
古本屋かなぁ?
デザインが可愛過ぎて、色々と悶絶。


P9124763
昔の広告のポスターや、手前には絵本。
女の子が立ち止まってしまいました(●´ω`●)


そしてここからは、ジュフロワではなく
「Passage Verdeau(パッサージュ・ヴェルド)」
だったみたいです.。゚+.(・∀・)゚+.゚分かってなかった。
P9124766
ここは刺繍店だったみたいです。
今見たら、めっちゃかわいい。
入ってみればよかったと思っている。


P9124767
この「HOLY BOL」は、カジュアルなタイ料理店。

ここもいま見たら美味しそう(´- `*)
見逃してばっかり。。次は行きたい!


P9124768
古本屋かな?めっちゃ素敵で思わず撮影。

 
パッサージュを抜けて、ここはどこだ?
P9124769
覚えていない・・


◆ ◆ ◆ ◆


そして、お宿付近に帰って来たようです。
P9124770
シテ島に向かっているのかな?
でも何故??

自分の行動がまったく分かりません…^^;


P9124772
この時計が素晴らしいと思って写真を撮った。
それは覚えている(・∀・)

世界最古の公共時計なのだそう。すごいものだった。

向こうの丸い塔を見て、コンシェルジュリー?
と思ったらそうでした。アントワネット様の牢獄ですね。


この日はパリの9月とは思えないほど暑く、
30℃近くまで行ったんじゃないかしら。

疲れと渇きがピークに達し、カフェにイン。
P9124775
向こうに見えるは裁判所でしょうか?


場所柄なのか?ちゃんとした格好の方がたくさん。
P9124773
ディアボロ・マントを注文しました。

フランスの夏の風物詩と勝手に思ってますが
ミントの清涼感がイイね(´∀`*)
暑かったのでゴクゴク飲んでしまいました。

ミントシロップと微炭酸のリモナード…
と思ってたら、違った!
「Pscttitt!」って初めて見たけど有名なのかしら。


P9124774
かわいいコースター。
ディアボロ・マントのグリーンと水色があってる。

このカフェは、フィガロWEBの川村明子さんのブログで、
ここのクロワッサンがお気に入りと書いてあり、
ぜひ行きたかったお店だったので行けてよかったです!

暑くなければクロワッサン食べたかった(*´ -`)
また絶対行きたい、観光スポットにも近い素敵なカフェでした♪

外観や中も素敵だったけど、着いて一発目の
飲食店で少し遠慮しちゃって撮れませんでした笑


次はお散歩の後、行って見たかったスポットなどへ〜!


海外旅行で心配なのが、携帯、もといスマホの開通。

ということで、旅中はフランスの格安SIM
「Free」でスマホを開通したよ
というお話です(・∀・)
P9124753
マドレーヌ寺院にほど近い
「Free Center Paris」にやってきました。


場所はこの辺。ピンを立ててるところです。
no title
カフェ・プーシキンやエルベ・シャプリエ、
ラデュレにも立ち寄りたくなった抜群の立地。



FreeにはSIMカード購入マシンがあり
無人でいいならフランス中のTABAC(売店)にもあります。

初めてなので念のため、スタッフさん常駐の
店舗までやってきたのでした…(`・ω・´)


ちなみに、道が分からなくなるとテンパる私、
ユースのWifiであらかじめ道順を調べて
スクショをしてから出発しました!

0-1
シャトレで乗り換え…!!

大学の時、フランス人の先生が「シャトレでは絶対に乗り換えるな」と言っていたことが蘇りましたが。全然、何のこたぁありませんでした(・∀・) すぐ乗り換えられました。

乗り換え路線によっては異常に長い通路を通るので
人の少ない時間帯だと気をつけた方が良いとは思います。



0-2
マドレーヌ駅からの道順の確認もバッチリ!
いざ出発!



◆ ◆ ◆ ◆



昔はガイドブックや地図のみで旅してましたが、
今ではGoogle MAPに全てを記録してるので
スマホがないともう旅ができませんよね(。・ω・)ノ゙


ヨーロッパで通信できるSIMカード、
日本で買っておいた方がいいのかなと思い
Amazonで色々チェックしておいたのですが、、

容量少なく、価格もまぁまぁ高いやつしかなくて…
あとは口コミの少なさ等で躊躇(´Д⊂)


ちなみに今までは、2日間程度の旅で、
現在地情報出しっぱなし、マップをほぼ1日見て、
歩きながら調べ物、LINE通話や通信、少し動画を見て

1GBちょいのデータ使用量で済んでました。


写真や動画のアップロードをしないなら、
容量はそんなに要らないと思います!
(ホテルのWi-fiもあるしね)


ただ前半のお宿(ユース)が古い建物のため
Wi-fiがお部屋では繋がりにくいと聞いたので

(通信容量の)大事をとる&挑戦の気持ちで、
フランスの格安SIMにしてみたのでした。

容量に対してお値段破格で大満足でしたよ^^



◆ ◆ ◆ ◆



ということでFree店舗に行ったら、真っ先にマシンへ。
P9124746
上の「S'ABONNER」を押すと始まります!


注意点としては、以下。

●手持ちのスマホがSIMフリースマホである
●SIMカードのサイズを調べておく
  (iPhone 6SはnanoSIM)
●クレジットカードを持参する(支払いのため)
●SIMカードのオープナーを持っておく
(旅行時はクリップをいつもお財布に入れてます)
●日本で契約している通信会社のプロファイルを削除しておく
(私は帰国後すぐに戻せるように契約通信会社の
 プロファイルのリンク先をホーム画面に保存してます)


写真は所々抜けてますが、大体こんな流れです。
P9124744
まずは通信容量を選びます!

4Gの快適な通信が60GBも使えて、
8.99ユーロと激安の中央のやつを選びました。
2018年9月当時はこのプランがありましたが、
現在はあるかはわかりません。

デフォルトは左端と右端の2つみたいです。


これに、SIMカード代がプラス10ユーロかかります。
P9124747
ここでSIMカードのサイズも選んで合計18.99ユーロ。
2,000円強よりの強ですかね。。(計算せい)

容量60GB、速度4Gでこの値段はすごい(*゚▽゚*)
友達と2人でもテザリングすれば余裕だと思います。


P9124745
写真を撮り忘れているのですが、
一ヶ月だけor続けての契約かを選べる画面があるので
前者を選ぶと、自動的に1ヶ月分しか請求が来ません。


P9124748
支払い画面。


P9124749
言葉をEnglishにするには右側のボタンを押した気がする。


BlogPaint
諸々のピンコードなどが発行され。


BlogPaint
無事ゲット。
これからSIMカード挿入です。

PIN CODEが多すぎて、一見どれが必要か
分からないけど、SIMを差し込んだら
フィーリングで何となくわかった気がする笑

電話番号も付与されます。


P9124752
広〜い店内の端っこで黙々作業。


これまでの海外旅行時のSIMは挿入すれば即始まったので
かなり無防備で挑みましたが、一向に始まらず。

注意するべきことにも書いている
「プロファイルの削除」をしていなかったのが
原因だったのですが、この時丸腰すぎて分からず(・∀・)


店員さんに「できないの…」と泣きついたら、
スマホのキーボード表示をフランス語に変えて♪と
言われるがままに変えたら・・・
私のアイポンはいじくられまくり・・
そして、無事開通できました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


基本的なことなのに下調べが甘すぎました。
が、こんな時のためにも有人店舗に来て大正解!

着いてからずっとフランス人に助けられている。

この店舗自体にWifiがあるので、最悪色々調べたりもできます!


◆ ◆ ◆ ◆


最終日まで7日間、時に動画も見たりしながら
調べ物に、行き先検索に、MAPに・・・と
みっちり使ったのでめっちゃ助かりました!

60GBは到底使いこなせなかったですけど^^;

ブログをリアルタイムでアップしたり、
動画をアップしたりしたい人、
長期滞在される方には絶対おすすめです!!

でもwifiの届かない宿で安心して使えて、
2,000円強というコスパ抜群のSIMでした!

私はフランスに行くことがあったら、
また買いたいなと思ってます(´∀`*)


お次はいよいよ遊びに出かけます〜♪

↑このページのトップヘ