遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

2018年12月

そろそろ夕刻の旅最終日。

そうだ、お買い物をしよう!と、
リネンのお店やバッチャン焼きを売ってる
ハンザ市場に行ったりしました^^ 
P5204299
 ハンザ市場の入り口。
これしか写真残ってなかった^^;

買ったもの、また載せます〜。

リネン系は大満足だったのですが、この市場、
食器の売り子のおばちゃんがずっとついてきて
全然ゆっくり見れなくてレンゲしか買えなかった。。


◆ ◆ ◆ ◆


P5204300
商店の店先。


P5204304
ハノイ大教会の横からの図。


P5204308
お花と壁の色の組み合わせよ…!!


P5204312
めっちゃ可愛い一角発見。


P5204313
このピンクの入り口、何ごと!!


P5204314
どうやらカフェだった模様。

見かけた街並みの中で、
一番可愛かったかもです〜(●´ω`●)


◆ ◆ ◆ ◆


テクテク歩いてちょっと疲れてきたので、
この辺りで休憩できるとこって…とMAPを見たら
「CỘNG CÀPHÊ(コン・カフェ)」が近くにあったんですよぉ〜

ということで行くよね〜( ´_ゝ`)ノ


P5204324
ここにもやっぱり、軒先族が。
ていうか1人、コンカフェの店員さんでねぇか?
 
このゆるさ、ベトナムクオリティー。
大好きだけど、住んだら耐えられなくなりそう(・∀・)

あと、左の人かっこよくないですか?


P5204319
汗いっぱいかいたので、この「SALTED LIME JUICE」を頼みました。


P5204320
このクリーミーなの美味しそう。。
そう。これ頼んどけばよかった、
ってこの後思うことになるのですよ。。


P5204322
大好きなコンカフェロゴにライムの果肉が沈んでる♪
頂きます!!と飲んだらば・・・

しょっっぱ!!!

マジでビビりました。塩水ですやん(・∀・)
いやむしろ、塩の中に水を入れたのか?って位、
どんだけぇ〜!って位、ソルティーでした。

これ、誰が飲めるのか、疑問…
ついに一口しか飲めず、
お店を後にしたのでした。・゚・(ノД`)


P5204323
店内狭めで、テーブルの足置きが壊れてたり
トイレがなかなか抜群にアレだったり
ソルティーが過ぎるお飲物だったり
何だか逆に思い出に残りました・・・(_´Д`) 


どこのコンカフェに行こうか迷ってたら
ここはやめとこうか、って言いたいですけど
お店がどこか分からないっていう。^^;


なんやかんやで、失敗も含めてめっちゃ楽しい時間でした♪
次は、そろそろ帰路かなーー( ´_ゝ`)ノ
 

チェーに大満足し、通りの可愛い建物をパチリ。
P5204280
ハノイの建物は古くて趣があるものが多くて
つい立ち止まってしまう。


そしてGrabバイクに乗って…
P5204281
写真撮ってるのでGrabタクシーのようです。


ここに着いたのです。
P5204282
えっと、行きたかった雑貨店「DREAMERS」の裏です( ´_ゝ`)ノ
市内を結構北上した…タイ湖になるのかな??
インターコンチのすぐ近くだったみたいです。


いわゆるベトナムの伝統的なバッチャン焼きではなく、
北欧のもの?と見まごう食器や可愛い雑貨がある
一軒まるごとお店という素敵な場所だったのですが、
この時は欲しいものがなくて…(´;ω;`)


行く時によって品揃えが違うのかもしれません。
好きなブロガーさんが買ってた木のボード、
買っておけばよかったかもぉぉと思ったけど遅い。


◆ ◆ ◆ ◆


で、Uターンしてやってまいりました。
あ、前述の雑貨屋さん付近ではGrabがあまり
通ってなかったのでお気をつけください(`・ω・´)


で、こちら。
P5204297
なにやらオシャンな空気漂うカフェ
the LISSOM PARLOUR」です!
リッソムと読んでたけど合ってるのだろうか。

しかしそんなことより!!
お洒落カフェの店先におじさん座っとる。

ベトナムはあれですかね、店頭の段差見つけたら
座ってしまう習性でもあるのでしょうか。


2Fがお洒落と聞いてたので上へ。
P5204296
階段の途中に置いてあったロンネフェルト。
帰りに気づいたのですが、信用度が増しました。



P5204286
店内もお洒落〜ぃ(●´ω`●)
実は、前方の女子たちが座ってる席に座りたかったのだけど…

席がそれぞれデザインが異なっててかわゆいのです。
自分の座った席は撮り忘れました。


女子たちが帰ったので一枚。
P5204290
壁の深い緑とか、ダークな木の色合いとか。
ドライな感じのお花とか。色々全体的にかわゆ。



P5204283
ほんで、ここ、まずメニューが可愛い。
絵本チックな作りにキュンとします。


確か「Matcha cake」というのが、
抹茶といいつつピスタチオとクリームチーズ
じゃなかったっけ(・∀・)

ピスタチオクリームチーズって。
全女子が釣れる組み合わせ、と思うのは私だけ?


でも売り切れでした・゚・(ノД`;)・゚・
前方の女子たちのテーブルで見たから、
多分あれがラス1だったのだと思う。

大丈夫、怒ってなんかいません。


そしてドリンクはというと。
P5204284
このページも可愛いですね。

安定のアイスカフェラテを頼みました。
暑かったので濃厚なベトナムコーヒーは一旦
置いておきましたの。


P5204289
まずはアイスラテ到着。
冷たくて美味しいです。暑かったので最高!!



P5204292
ケーキは、確か「Red Velvet Cake」にしたような。
クリームチーズが頭から離れなくて。

「Black Forest Cake」っていうのも気になりました♪


P5204295
食べかけをパシャリ。

めっちゃ美味しかったんですけど、ケーキ、でかいです。
最後はウンウン言いながら口に押し込みました笑


ここのケーキは高いやつで約600円だったかな?

妥当というか、日本でいうとこのボリュームでお味なら安い方なのですが、どうしてもベトナム価格に慣れてるので最初「ヒッ」と驚きますが、よく考えると当たり前だなと思う^^;


道中で一番綺麗なトイレに入れましたし笑、
ちょっと高級でお洒落で、存分にゆっくりできる。

旅の疲れも忘れてしまう、素敵な時間でした^^



よく考えたらこの日が旅の最終日。

次はケーキでパンパンになったお腹抱えて、
夕刻迫る街でお買い物とか、再びお茶休憩とか。

もう少しだけ、続きます!



まだハノイのこと言ってるんですよ。


さ、問答無用で進めます。
超便利なGrabを利用してやってきたのはここ。
P5204279
ベトナムスウィーツ、チェーが人気の
有名カフェ「Lutulata Desserts & Drinks」です!


ヘローと言いながら入ると、2Fに促されます。
階段登ると、この空間・・・!!
P5204271
このレトロなかわいさ(*´Д`*)


P5204270
窓際のこの席に陣取ります。


P5204245
とりあえず選ぼうじゃないか。
そしてどれを選んだか忘れたじゃないか(・∀・)
多分…「Che Lutulata」だった気がする。


さて、オーダーが済んだので存分に店内を見渡しましょう。
P5204243
うむ、素敵。
涼しい時期はテラスも人気のようです。


P5204244
シンプルだけどセンス良いな〜

写っているレディの薄着がかわいセクシーでした。
ヨーロピアンな方が多い街、ハノイ。


P5204249
古い食器も売ってたりするのかな?
可愛いです。


で、到着。
P5204253
いやぁぁぁぁぁ!!!!
可愛い・・・(*´Д`*)



P5204254
この…カラフルなジェリーがなんとも♡



P5204255
食べ方がよく分かりませんが、これでいいの?
別皿の氷を入れて頂きます。



P5204257
これ、可愛いだけじゃなくて、美味しいんです。

この、中に何か入ってる赤や緑の半透明のやつ
(何のことか全然分かりませんよ)が、めっちゃめっちゃ美味しかったです!

ふわっ、くにゅっみたいな食感。
え、分からないって(*゚∀゚)っ

ココナッツのクリーミーさと、寒天みたいのんの歯ごたえと、爽やかな氷。ああ幸せ。



P5204259
特筆すべきは食器のかわいさ。
このレンゲよ。


P5204264
氷の入っていたこの器、持って帰りたかったわー
多分アンティーク?古いものだと思います。
可愛い。ああ可愛い。


P5204261
すっかり忘れてましたが、ライムのアイスティーも頼んでました。

シロップが元から入っているタイプで、
甘くて酸っぱくて美味しい!!


P5204274
あっついのに、窓は全開。

氷が溶ける〜と慌ててチェーをかっ込み
アイスティーをガブ飲みしたら、
いい感じにクールダウンされてました(●´ω`●)



P5204251
お隣の工事中?のシートさえも良い背景になってました。


P5204273
うーん、ここ、好き!!


窓の外のぬるい空気を感じながら、
ひたすらボーーッとして過ごしました。

暑いのに居心地がいいって不思議。
ハノイでは、冷房ガンガンか吹きざらしかの2択でした。



P5204277
1Fも良い感じでした。



P5204278
どこもかしこも、さりげないのに、やる気ないのに、絵になる。


チェーの美味しさも、落ち着くかわいい店内も
とっても印象的なカフェでした♪

おはようございます。
残りのハノイ日記、やりきります(`・ω・´)
P5204219
ということで、2日目は疲れ果てているので朝食はホテルにて。


P5204220
本日はこちらのソファに案内されました。
違うアングルの写真が撮れてよきかな。


そして頼んだ・・・
P5204221
フォー。


P5204223
フォー。


御察しの通り、フォー・ザー・チュエンのものとは似ても似つかぬ・・・いや、日本で食べるフォーに似ております!お肉が少し寂しかったかな〜。麺も。

現地ご飯こそ、外で食べるべきだと実感いたしました。
高級ホテルとかだとまた違うのかしら。


P5204224
ということで、大好きなベトナムコーヒーにミルクを入れて。
パンは少し焦げましたね。
ジュースは何故か甘いよね。


一旦お部屋に戻りお出かけ準備。
P5204226
とっても暑そう。


チェックアウトもして、荷物を預かってもらいました。
P5204228
ロビーをパチリ。
ブルーが好きでした。
ソファが何となくすすけておるよ。


P5204231
この背の高いソファ好き。


P5204234
さ、暑い中ちょっと進みます。


P5204235
真夏感がすごい。


P5204237
少年が可愛い。顔に何つけてるの(*´Д`*)


◆ ◆ ◆ ◆


さて、ちょっと道を進んでから、この日覚えた必殺技。
Grab(グラブ)にチャレンジします!!
Grabの使い方-1
こういうの。(ネットからお借りいたしました)



Grabとは、いわゆる「Uber」。
配車アプリですね(。・ω・)ノ゙

Uberが東南アジアから撤退して、Grabが浸透したのだそう。


アプリから開けてもできますが、ここはシームレスに
Googleマップを開けて、目的地を入力すると…
車や徒歩、公共交通機関などの選択肢が出ます。

その中の、手を上げている一番右のマークを選びます。
「7分」って出てるやつ。
IMG_0575
するとどうでしょう〜(*´Д`*)
右に料金まで表示されるんです!

目的地がまぁまぁ近いのもあったんですけど、
60円〜って!!安すぎて震える。

そんなにあることなのか分からないのですが、
ハノイのボッタクリタクシー伝説にビビっていた私、狂喜乱舞です。


今がハノイ現地じゃないからなのか、
この画面から進めなかったんですけど、選択肢は以下の感じかなと。

 Grab Taxi=車
 Grab Bike=バイク2人乗り
 GrabCar 4 cho=??でっかい車(・∀・)??



「Taxi」を押せば、マップ上に今走ってる車がアイコンでバーッと出てきます。
「Bike」を押せばバイクが…以下同。

どれかポチポチ押してみて、どの手段にするか決めたら、
受け入れてくれたドライバーさんが表示されて、
「後何分で着きます」的な表示が出ます。


そして呼んだ場所で待っていると
それっぽい人が到着し、名前を確認されます。


後はバイクだったらヘルメットを受け取り、
後ろに乗って、目的地までレッツゴー♪

メリットがありすぎて嬉しすぎる。

●言葉をほぼ喋る必要がない。
  (目的地すら運転手は分かってるからね)
●最初に料金が出るのでボッタクリできない。
●乗った後評価できるから、高評価の人を選べる!
●最初にアプリで登録したカードから引き落としだから
  面倒な支払いは一切ナシ。



スーパーー便利!!(ノ`Д´)ノ


◆ ◆ ◆ ◆


注意点としては、呼んでも予定時間通りに来ず
ちょっと待たされた果てに断られたりすることがたまにありました。

多分acceptしたものの、渋滞に巻き込まれたり、
もっと良い(近い?)お客見つけたとかなんですかねぇ。


あと、会えないとドライバーさんから電話がかかったりしますが、
無理ィィィ(゚∀゚)

ベトナムの方と電話なんて難易度高すぎです笑
私は放置して、道に出てキョロキョロするなどで対処しましたよ。


◆ ◆ ◆ ◆


というわけで、猛暑の中を練り歩く苦労とはおさらば。
これを知ってからというもの、この後は全てGrabで移動しました^^

ちなみに私はほぼGrabバイクに乗りました。
たくさん走ってるから捕まりやすかったのと、
安いのと、観光ぽくて楽しかったので♪


見知らぬ方と2人乗り…?と思いきや、
以外や以外、めっちゃ楽しくて笑
埃っぽい道を車の間を縫いながら走る超スリル、
日本ではなかなか味わえませんのでね。
Grab Bike、神経質でない方には激オススメです。


さて、Grabで楽々向かったのはどこでしょか…

続く。


↑このページのトップヘ