遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

2018年10月

徒歩のみで移動したハノイ1日目。
結果すべての記事に、もれなく散歩の2文字が入ります。


ということでレッツ散歩。
P5194050
コン・カフェを出てすぐのところに、
プロパガンダアートのお店発見。

かわゆい。このノスタルジー。


P5194053
そこいらに生えてる木が迫力。


P5194056
すんんごい生い茂ってるの。


P5194061
ハノイでは日傘が主流で助かりました。
日傘をさせば、体感温度が少し下がると思うんです。


P5194062
現地の方は、みんな厳重に日よけしてる。
ていうか後ろのスムージー屋さんが気になったのであった。


P5194064
ホアンキエム湖の周辺、車が入れないようになっている道があって、すごくゆったりしてました。


P5194065
そしてホアンキエム湖に戻る。


P5194066
緑の屋根がすてき。


P5194071
暑いのに、外でよくおしゃべりをしている。


P5194073
ホアンキエム湖を起点に、色々回るところが点在しております。


P5194077
ここでも。
みんな、低い椅子好きなーー.。゚+.(・∀・)゚+.゚

日陰に皆さん集って、基本座っているの。
本当に何をするでもなく座ってて。
特に楽しそうでもない、というのが何とも…( ´_ゝ`)ノ

日本人もこんな過ごし方ができるといいのにね。

みんなサボれば一人がサボっても分からないし
そしたら遅刻しても怒られないと思うの。え、違う?


P5194078
何でもない街の風景が、本当に味わい深くて
いちいち立ち止まってしまう。


ホアンキエム湖の反対側に着くと、高級エリアでしょうか?
P5194081
ちょ・・・
Diorの前にプラスチックのテーブル出してます。
警察の方でしょうか?


P5194083
あー、この看板可愛い!
上の写真を見れば、この辺りの閑散具合が分かるというもの。


P5194084
フェラガモの前で…内職…だと…
世界でもあまり見られない光景かと思われます。

もう…ハノイ、大好き(●´ω`●)
こういうところが素敵すぎます。


P5194085
きやーーーー何、あの絵!!
本気で描いたの!?誰が描いたのーー。・゚・(ノД`)

好きぃぃーーーーー!!!


P5194087
何かおもちゃとか売ってる道がありました。
キッチュ、というやつでしょうか。

いちいちキュンキュンするのです(●´ω`●)


向かっていたのはここ。
P5194088
ハノイで一番高級な場所と言われている…
「HOTEL METROPOLE HANOI(ホテルメトロポールハノイ)」


の・・・
P5194091
エピスリーでございます(*゚∀゚)っ
いわゆる高級食料品店ですね!
向こうに小さくエルメスが見えます(武者震い)


庶民の私、メトロポールに宿泊できるはずもなく…
今回はこちらのお紅茶を買いたくて、ピンポイントで参りましたの。

とっても面白くて好きなブログ「荷物は盗られる」
で紹介されていて、欲しくなって…


店内にはいわゆるグロサリー的なものがあったと思うのですが、真っ先に紅茶に向かって行ったので全く覚えていないという・・・^^; 

紅茶はこんな感じ。
P5194092
ずらりと種類があって、手前の瓶で好きな香りを選べます^^
ここだけかろうじて、店員さんに写真撮っていーい?って聞いて撮ってた模様。

よかった…写真あって(。・ω・)ノ゙

 
も一枚、若干アップで。
P5194093
ここは本当に異空間でした。

メトロポールそのものが洗練とおもてなしの極みで
構成されているので、納得の素敵さ^^

店員さんもめっちゃ親切で、本当にベトナム人?
って思いました(失礼か) 

やる気ないのがデフォルトなベトナム人(当社比)の中にあって、やはり異彩を放ってしまいますよね〜。そのやる気のない所もまた大好きなのですけどね〜^^


とっても丁寧に対応してもらって購入したのがこちらです。
P6034390
Jardin bleu(ジャルダン・ブルー)、
「青い庭」の名のごとく、美しい花びらが入ってます。

心なしかマリアージュフレールのボレロに似てる?
ちょっとちゃう?違ってたらごめんなさい^^;

お花の入った紅茶大好きなんですよね〜
ほのかに甘くて嫌味のない優しい香りです。


P6034389
この波打った缶の形が好き!


P6034392
優雅なロゴに、縁取りも。絶妙な缶の色も。
好き!!!


お値段は580000VNDで、およそ2400円かな?

ハノイの物価でいうと恐ろしく高いのですが、
この美味しさと量なら世界的に見て納得価格かと^^


P6034391
へへへ…大事に飲みます(´∀`*)


P5194089
メトロポールの周りにはこのような素敵な席が。


P5194094
次はここでお茶したいです!
チョコレートビュッフェなる、いかつい奴を毎日やってるみたいなんで、次回は絶対それで!

旅行に一緒に行ってくれる友を見つけねばならんね( ゚∀゚)アハハ


P5194095
ホテルの前には、クラシック・カーが停まってました。
マジでここだけ異世界。

ちょっと焦りすぎで紅茶しか見てないのが勿体無さすぎるのですが、今度はティーをしにくる目標ができました♪

ベトナムで一番高い買い物を無事済ませ、
次なる散歩&目的地へ参りまーす.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 

大きな声じゃ言えませんが、
ハノイ旅中2回お腹を壊しました(・∀・)

何が悪かったのか考えたのですが、
もう私は適応痛だったと思ってます。

全部美味しかったから、全く後悔してないっていう。
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


◆ ◆ ◆ ◆


史上最高に意味不明な話で始まりすみません。

胃腸弱い人は、腹痛なるかもっていう
事実をお伝えしておこうかなと思って(・∀・)

でも、ハノイで食べたものはどれもめっちゃ美味しかったので、こんなこともあるかもしれないけど、気にせず色々食べて欲しいということが言いたかったの。

少しトイレにこもっただけで、特に支障はなかったし^^

私のように元々胃腸の強くない方は、少しだけ気をつけておきましょう。
食べたいものは食べる派なので私は我慢しようとは思いませんが、お薬を持っておくのはいいかもですね!(なんだこの情報)


◆ ◆ ◆ ◆


さて、長々とすみません^^;

前述の流れで少しゆっくりして、昼間のあっつい時間にお散歩へGOです!
スクリーンショット 2018-10-28 23.18.17
ホテル、地図の通り立地もとてもよかったです。
名所まで徒歩で行ける。

今回はホアンキエム湖のほとり〜聖ヨセフ大聖堂(ハノイ大教会)までお散歩。


P5193969
湖のほとりの売店がいきなりお洒落。
その前でおもちゃを売ってるのが可愛い^^


P5193971
湖の周りはぐるりと歩道が。


P5193972
んで、よく道端に座るハノイの方々。


P5193973
ホアンキエム湖。
おばあちゃんが何やらフルーツを交換してました。

完璧に日常の一コマです。


P5193974
んで、なんでそんなに…っていうほど
湖の周りには座ってる人がいっぱいでした。
暑いのに、わざわざ外で座るの〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ほとりを楽しんだので、今度は教会の方へ。
P5193981
ああ…素敵な風景。


P5193983
このような街を進みまして。


P5193989
曲がると教会が。


P5193990
お土産屋さんかしら。


P5193991
なんかね、どこもかしこも絵になるの。


P5193997
いやん、なんだろここ〜!
と思ったけど確かめるに至らず。


P5194003
なんか急に南米風味を感じたのは私だけ?


P5194005
そして、聖ヨセフ大聖堂です!
堂々した姿がかっこいい。

こちらは夜にも来ようと思ってるので、今はこれだけ。
ていうか尋常じゃなく暑い。


P5194015
周りの建物にもいちいちノスタルジー(●´ω`●)


P5194016
そして、聖ヨセフ大聖堂の斜め前に佇みますのがこちら。
「CỘNG CÀPHÊ(コン・カフェ)」です!


ベトナムの可愛さを凝縮したような、
ハノイにも十数軒ある人気カフェです!

チェーンですけど、一軒一軒内装も違って素敵なんですってよ。タイ湖のほとりの店舗も良いらしい。でもこの大教会前のお店もとっても居心地良かったですよ!


今回は2Fに通してもらいました。
P5194019
なんじゃこのレトロ階段〜!テンションアゲ〜


P5194040
案内されたテーブルはここでした。
めっちゃかわええ〜!!!


P5194024
うん、可愛い♪


頼んだのはこれ。
P5194027
確か…ベトナムコーヒーのアイス??
すごくコクがあるのに、しつこくなくて。
甘くて、暑さに疲れた体に染み渡るようで。
とっても美味しかったです!


P5194028
本当はこれ、星型なんですけど…
残念、分からなかったです^^;

コースターもミリタリーのグリーンだよ。
しかもキルティングだよ。可愛いよ。


P5194030
よく雑誌に載ってる花柄のベンチ席は、
多分コリアンガールズが座ってました。


P5194032
店内は、明るいのに落ち着いていて、
ここにしかない空気感だと思います。

店員さんもめっちゃ感じ良くて好き^^


P5194026
窓から見える緑を眺め、しばしボーッと。
ガラスの模様もかわいいな。

窓際の席だったら、教会もバッチリ見えると思います。


P5194042
帰る時。一個一個が可愛くていちいち立ち止まる。


P5194043
何このセンスーー好き〜〜


P5194045
店員さんのミリタリールックもいいんですよねぇ。ああ全部が可愛い。


P5194047
グッズも売ってました可愛いーーー


ほぼ可愛いしか声を発せなくなるほど
独特のセンスにやられっぱなし(●´ω`●)

ベトナムに行くなら絶対に行きたい、
全店舗制覇もいいし、この店舗にも行きたい!
また絶対に行く、そう誓ったのでした〜^^


 

P5193893
おはようございます。
1日目の朝です〜^^


ちょっと早起きをして、
お散歩&朝食その1に行くのです(*・ω・)ノ


P5193907
出るなり異国情緒に包まれる。


P5193908
この時確か、まだ朝の7時台。
ハノイの街は早起きです。


P5193909
道端の木も、看板も、電線も、すべてが違くて興味深い。


P5193911
そしてね、とにかく暑い…!!

言い忘れてましたが、5月のハノイは激暑。
この旅行時は、昼間は33℃くらいありました。
日本もこの後どうせ暑くなるのに、先取りせんでも…ねぇ^^;

そして、湿気がすごい。
一歩踏みしめるたびにじわじわ汗かくの。・゚・(ノД`)
でも何故でしょう、慣れるとそれすら愛しかったです。


そして目的地はここ。
P5193912
フォーの名店と名高い「Phở Gia Truyền(フォー・ザー・チュエン)」です。
ベトナム語はもちろんコピペ(・∀・)

こちら、6〜11時、その後は17〜22時と変わった営業時間、ってブロガーさんたち軒並み書いていたので、私も書いてみたよ(・∀・) 先人様たちのおかげでランチに行って門前払い食らわずに済んだので、注意喚起の意味も込めてバトン受け継いだわ。エヘ


フォー・ボー(牛肉のフォー)オンリーなので
列に並んで、調理方法を選択するのみ。
P5193917
先人たちも書いておられましたが、一応…

選択肢は牛肉の火入れ具合でして、
上から、半生&火の通ったもの半生火の通ったもの、です!

私はもちろん、半生です!!
お腹弱いくせにこういうことを堂々とします。

だって、お肉は半生の方が美味しいはず(●´ω`●)


ということで「フォー・タイ、ONE!」と
おかあさんに告げます。

視界の端っこに映ったのは、このあっつい中、生肉をダムダム切っているお父さん…。この時点で一瞬怯みましたが、GOですGO! 食べたいものを食べるんだよぉ〜ワシは〜。・゚・(ノД`)

生肉に熱々スープをザーッとかけて
いとも簡単にフォー・タイ、完成!


P5193916
(あのお兄さんの横、ゲットだぜ!)
そそくさと席を取る。


無事、いただきます。
P5193918
うまそう。
もう、お父さんの生肉ダムダムなんて忘れるんだから。


P5193919
このスープが、本当においしかったです。
濃くなくて、でも深くて優しくて、いつまでも飲んでられる…!!


P5193923
そして麺。

日本で食べるフォーの麺って
薄っぺらくて満足度ないイメージですが、
本場だからなのか?食べ応えがあって美味しい!!


この旅に来ようと思った時、昔からある庶民的なベトナム料理が食べたいなぁと思っていました。1日目から、願ってもない素朴な美味しさに感無量。


テーブルの調味料で味を変えられるらしいのですが、私はこのままを味わっていたかったので、手は加えずでした。


牛肉も半生と言いながら、ほぼ火通ってるやんけ〜
でもかたくなくて、とっても美味しかったですよ。


隣のテーブルの親子ちゃんたち。
P5193913
ベトナム、この低い椅子とテーブルが主流だったのですが、食べにくくないのかな!? 男の子とか体折れ曲がっちゃってるよぉ(´Д⊂)


P5193915
お店を出た時には、だいぶ日が強くなっておりました。


P5193926
帰る時にもこの行列。
進みは早いので、怯まずに並んでくださいね!

旅一発目から、想像以上の美味しさで
大感激のままホテルへ戻ります。


P5193927
なんかキュンとする、おじいちゃんと男の子。


P5193931
だいぶ交通量が増えてました。
ハノイではこのバイクの大群に常に怯えてました。特に、道渡る時(・∀・)


P5193932
ここも、このひっくいテーブルセット!!


P5193937
わー、これです。バイクバイク。


P5193939
マスクはめてる人いますが、空気はあまり良くないです。どの位かというと、一日の終わりに肌に砂のようなものが積もっている位。


P5193940
フルーツ売りのお母さん。
街のあちこちにいて、ハノイの生活の風景の一部となっていました。

笠をかぶっている時もあって、風情があるの〜


◆ ◆ ◆ ◆


風景を満喫しながら、汗をかきかきホテルに帰還。
P5193941
次はホテルの朝食へ行きましょう。


P5193942
エレベーターで最上階まで行って、また階段を登る。


P5193965
そして天窓があったりして、騒いだりする。


P5193946
レストラン全景。かわいいですー^^


P5193945
ビュッフェの他に、アラカルトで頼めるメニューも。
オムレツをお願いしました。


ビュッフェをチェック。
P5193947
パンやデザート類。
左にハムやサラダ、おかゆとか点心的な何かもあったような。


P5193948
フルーツ。大好きなスイカがあるよ!


P5193949
コーヒーなど。あ、横にバゲットとデニッシュ類もありましたね。


ベトナムのコーヒー、独特の粉っぽい(言い方悪いけど美味しさの表現^^;)味わいでめっちゃ好きです! 特にミルクを入れて飲むのが好き。

炒り方の問題なんですかね?日本ではこの味じゃないんですよね。。フランスのコーヒーもこういう美味しさだった気がする。


P5193951
こんな感じでとってみました。


P5193953
ハーフでお願いしたオムレツ。
・・・うむ、ベトナムの方は多分半熟という概念を知らないと思う^^;

もしかすると、卵の火入れに関して厳しいのかもですね。暑いし。


P5193956
美味しいミルク入りコーヒーと、
多分自家製ヨーグルト。


ブリリアントホテルの朝食、全体的に良かったです!

ただ、せっかくの旅の朝食なので外にも行って、
その補足としていただくのがBESTかもです^^

出歩いた後の休憩にコーヒーを飲みながら
ゆっくりとする、素敵な時間を過ごせました。


P5193958
かわゆいオブジェがありました。


P5193960
この階からの眺めはこんな感じ。
これから出かけるぞーってワクワクします。

この時点で、まだ9時台だったと思います^^

朝から目標を達成して、清々しい気持ちで
午後からのお出かけに備えたのでした。
 

さっ、未知すぎるベトナムに着いてワクワク&ハラハラしつつ、とりあえず、携帯を開通させます(。・ω・)ノ゙


私の使ったSIMカードは以下のやつでしたが、

【mobifone】ベトナムプリペイドSIM 30日間 通話付き! 4G/3Gデータ通信6GB



今見たら新しいやつが出てました!

【mobifone】ベトナムプリペイドSIM 10日間 4G/3Gデータ通信10GB


私が使ったやつよりも新しい方が良さそうです。
日数短いけど10GBだし、現地で通話しないなら断然下かなと。

しかも少し安いしヾ(´ω`=´ω`)ノ


こちら注意点は、前使用した香港のSIMと違って差し込んだだけでは始まらず、一回確認で通話(コールするだけ)をする必要がありました。(上の古いやつに関しては。下はわからず)

それがわからず、しばらく四苦八苦してようやく開通できました!SMSに英語のメッセージが届くので、それを普通に見て、焦らなければすぐ開通できると思います^^;


3日弱の滞在中、GPSを利用してMAPを見ることが殆どでしたが、6GBで十分でした! 10GBはさらに安心して色々接続できるのではないでしょうか。


◆ ◆ ◆ ◆


もともと遅れての到着だったのですが
入国した後に携帯を開通させたら、
予定時刻より40分オーバー!Σ(・ω・ノ)ノ

空港の外にダッシュします!
というのも、実は、ホテルに送迎車をお願いしておいたのです。

深夜だし初めての国だしで、空港付近に宿泊するためにウロウロするより、着いてすぐ市内に出よう!と思いまして。翌日朝からすぐ活動できるし(。・ω・)ノ゙


外に出てキョロキョロしてると、
私の名前が書かれたプレートを持ったお兄さんが
やれやれといった風情で乗せてくれました。

そして宿までビュンビュンかっ飛ばします。
深夜なのもあって結構すぐに着きますよ^^

この時、ホテルに事前に頼んでいたとはいえ、
初めての国で初めて会った人の車に
深夜に乗り込んでいるという事実に
内心ドキドキしておりましたが無事到着!

遅れたし…と思い、着いたばかりで相場が分からず5万ドン(約250円)くらいチップをお渡ししました。それまで無表情だったお兄さんが急に「Oh〜親切にありがとう〜」みたいになったのでめっちゃ笑ってしまいましたよ(*´Д`*)


私は信用できるホテルと感じたので送迎頼みましたが、そこは自己判断のようです。ベトナムは、まだタクシーがぼったくりすることもあるって聞いたし、、信用できるホテルに頼むのが安心かも。

ただ、送迎の値段はUS20ドル。
バスで行ったら300円くらいのところのおよそウン倍…(・ε・)ムー 

他の国の相場で比べたらむしろ安いのですが、ベトナムの相場だと高く感じる^^;でも深夜だし、安心料としてお願いしておいて正解だったと思います!


◆ ◆ ◆ ◆


ということでやっとホテルに到着!
道中は緊張してたので写真がなくてごめんなさい^^;


今回泊まったのは、「Hanoi Brilliant Hotel & Spa(ハノイブリリアントホテル&スパ)」です!
P5193852
きゃーーいい感じ♪
これで一泊5500円くらいでした。(朝食付き)

悪くないです(●´ω`●)


ハノイのホテルの相場はすごく低くて、マリオットとかいわゆる高級ホテル以外、バックパッカー宿だと1000円以下、小さなホテルだと2000円とかで泊まれたりします。

一人旅なのでテンション下がることだけは避けたく、とはいえバジェットトラベラーの私、できるだけ満足できるお部屋&納得価格で探し、こちらにしたのでした^^ 

泊まったのは、シティビュー(といっても裏庭)のジュニア・ダブルルーム。



下の写真は、宿泊した窓付きの部屋の入り口から廊下を撮ったものです。
P5193853
間口が狭く奥に長い古い建物が多いのでしょうね。

外向きの窓がない部屋が続いています。
廊下に面した小窓のみ、という感じです。

どうやらハノイのホテル、一番下のカテゴリだと窓がないことが多いみたいなのです。検討してたホテルもそうでした。

香港のペンタホテル感想でも書いたのですが、眺めがないとテンションが下がってしまうので、少し追加しても絶対窓付きにしたい。窓大好き人間の皆様はお気をつけくださいませ。


ということでお部屋紹介。
P5193884
この深いブルー&明るいブラウンで統一されたインテリアが気に入って^^


P5193885
お菓子やジュース類は有料。
お水はいただけるので助かります。


P5193862
うん、好き。


P5193874
シャワールームもスッキリ高級感&清潔。
タオルもたっぷり。


P5193872
歯ブラシなど一通りあります。


P5193865
カーテンも重厚感あって素敵だったし。


P5193878
入り口に向かっても広々していて素敵です。

よーく見たら、フローリングに傷が入ってたりとか細かい部分は色々ありますが、一泊5000円のホテルでこの広さ、この清潔さはもう十分な気がします!ハノイの相場からするともう少し安い所も探せばいっぱいあるみたいですけど…私にはジャストでしたよ^^;


P5193892
朝。うん、やっぱり窓付きで正解!!


P5193898
間口の狭い建物の一番奥、もしくは表にしか
窓付きの部屋はないので数は少ないと思いますが


P5193895
この屋根や窓の形とか〜
起きた瞬間に、窓から見える風景で異国情緒を感じるためにも。

窓大事〜(*´Д`*)



◆ ◆ ◆ ◆


到着早々、携帯開通できずドキドキしたり、
深夜の見知らぬお兄さんとのドライブにハラハラしたり(●´ω`●)

でもホテルに送迎を頼んでいたり、
ちょっと安心なホテルを予約していたりで
心配な中でも、着いてゆっくりすることができたと思います!

そしてハノイの印象としては、深夜着でも危険な感じは全くありませんでした。(深夜の出歩きはやめたほうがいいとは思いますが)

LCCで来ると深夜着になってしまうことが多いので、少しでも参考になれば♪


次回はいよいよ朝から動き出します〜^^

P5194119
急にどうしたのと言いたい、
5月のとある週末にソロで訪れました
弾丸ベトナム・ハノイ旅日記です(*゚∀゚)っ


◆ ◆ ◆ ◆


今まで薄ぼんやりと興味はあっても
旅先第ー候補に上がることはなかったベトナム。

それがですね…

とあるブログで一気に興味を持ちまして
気づいたらGoogleマップが☆で埋まり、
スカイスキャナーを眺めてたら、突如安い航空券が見つかり。

行ってしまいました。・゚・(ノД`)


今回は、香港在住えりさんという方のブログと、
hanocoさんという方のブログ「駐妻はじめました」
を大変参考にさせていただきました。

というわけで、突如降って湧いたハノイ愛に困惑しながら、一人旅ログのスタートですヾ(´ω`=´ω`)ノ


◆ ◆ ◆ ◆


関空に来ました。
P5183824
夜の空港、なんか好きです。


今回は、金曜夜22時台のフライトで関空を発ち、
現地に深夜1時くらいに到着。


日曜深夜発の飛行機で早朝関空着という
過酷スケジュールにチャレンジしました^^;
アタイ、いつもそんな思いしてる気がする。


今回は早々に出国手続きをして、大好きな空港徘徊もせず搭乗。
P5183829
Jetstarの国際線は初めてです♪
ワクワク。

3ー3配置のいわゆるナローボディ?
機材は何だったのでしょう…


飛び立ってしばらく経つと、深夜だというのに食事が配られる。
P5183831
LCCなので本来食事はないはず…なのですが、
Surpriceから申し込んだら、自動的について来たのです。&受託手荷物もついて来たはず。

もう自社サイトで申し込む必要ゼロじゃないか^^;


P5183837
メインとお水だけの簡易なセットですが、思いのほか不味くないのです。私は十分食べられました。ちょいエスニックな味わいで、むしろ好きだったわ(・∀・)つ

旅前のお約束、バタバタして夜ご飯食べられなかったので深夜なのにペロッといけてしまったわ^^;


P5183836
ちなみに、メニューはランダム。

お隣の現地人ぽい子に「それ何?」って聞いたら
「ポークライス…ヘヘッ」って言ってたから多分そう。(私はチキン)


機内エンタメもないので、ダウンロードしてた映画を見たり、
P5183846
この機内誌を眺めてたりしてたらあっという間でした。


P5183844
旅気分高まります!


P5183848
エチケット袋、レトロでかわいいなぁ。


P5193849
到着しました。


LCCで海外行ったの初めてでしたが、悪くなかったです! 通路側で、真ん中が空いてたのもあってゆっくりできたのが良かったかも。

ただ、大体5時間弱くらいかかったのですが、3ー3の席で行くにはギリギリの遠さかな??最後は若干足がむくんで来た気もします^^; 今度は着圧ソックス買おうと誓いました。

あと、日本の航空会社やレガシーキャリアと違って、飛び立つ前のベルトチェックなど諸々がかなりゆるい印象^^; 問題ないですけどね。

そして見た限り、乗った瞬間から日本語が通じません笑。日本人CAさんいたのかな?
乗ってすぐ旅気分が感じられるので私はこの感じ大好きです♪


P5193850
空港内から見えるはエミレーツ機。


P5193851
ベトナム語の看板にときめきながら進みます(´∀`*)
初のベトナム、ドキドキするぅ〜!!


次回、空港からの交通&ホテルチェックイン編に続きます〜!


↑このページのトップヘ