遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

2018年03月

初めの記事でもちょっと触れたのですが、今回の旅では
ひとりっぷ®︎さんの本をかなり参考にしました!


この黄色い表紙が目印・・
P1112710
香港好き著者の、独断と偏見による but めっちゃセンス良い旅本(ハワイやアルゼンチンなどの他の都市の情報も載ってます)。

平均的な情報が載っている、いわゆる普通のガイドブックよりも数百倍参考になりました。


旅行の計画を立てる時は、思い込みでもいいから
絶対行きたい!と思えるお店やホテルや名所などを
見つけるところから始めるわたくし。

それをランドマークにして周辺情報を仕入れ、
だんだん頭の中にその街のMAPができていく
という寸法なので私にはとっても合ってました。

旅に一冊持っていけば安心、という本ではなくて
街に興味を持つきっかけになって、旅気分を上げて
心の準備ができる本、って気がします(*・ω・)ノ 
センス良い著者の思考をなぞるような作りも最高。

ちなみに、旅グッズもたくさん載っててめっちゃ良かったです。機能性にとことんこだわったものから超お洒落なものまで、さすが雑誌編集者だわい、というセレクトです。


ちらっとだけ載せますね・・・
BlogPaint
どうですか。えいじゃろう。
(ちなみに左下のキラキラはダサい枕カバーを隠しただけだよ(*゚∀゚)っ)

トラベル用品萌えの私はこういう情報だけでも
旅気分が上がって大満足って感じでした^^ 


◆ ◆ ◆ ◆


だいぶ話が逸れました^^;

タイトルの「茶餐廳」とは、朝から晩まで利用できる、お茶から食事まで何でもござれの香港人の生活に根ざした特殊なファミレス?喫茶店?のようなものなのですが、それに興味を持ったのもひとりっぷさん本を読んだためなのです〜♪

中でも激推しされていた超有名チェーン店「翠華餐廳(チョイワーチャンテン)」の中環は德輔道中(Des Voeux Road)沿いの店舗に行って参りました!


というのも、これが食べたかったから。
PC162370
奶茶(ミルクティー)菠蘿油(ポーローヤウ)
この子にどれだけ会いたかったことか。・゚・(ノД`)


PC162372
セットを頼みました^^

日本でいうメロンパンを、香港ではパイナップルパン[菠蘿包(ポーローパウ)]と言い、その甘いパンにさらに薄切りバターを挟んだものを、菠蘿油(ポーローヤウ)と呼ぶそうです。

ひとりっぷさんのインスタや本でもあまりに美味しそうに紹介されていて、日本にいる時からよだれの垂れる思いで食べる日を夢見てました。

しかしこのメニューは全店にある訳ではなさそうだったので、德輔道中(Des Voeux Road)店が確実と言うことでここに来たのでした。


PC162371
初茶餐廳に舞い上がり、写真が全然なく・・
すみません^^;


まず菠蘿油(ポーローヤウ)は、
予想をはるかに超えて美味しかったです。

よだれが垂れるとか言いつつ、
いうてもこんな普通の食べ物やしねぇ・・

と内心思っていた私を殴りたい。


ほんのり温かい生地にまだ冷たいバターが
じんわり溶け始めたところをパクっと行くと。
美味しい〜。・゚・(ノД`)


日本のくどい甘さのメロンパンとは全く違う、
サクッと軽くてほんのり甘い外側の生地。

中はふんわりして軽くて甘さは随分控えめ。
結構大きいのですが、本当にペロリと食べられます。


本当に一見普通の食べ物なのですが、
その予想外のサクフワ感バターの濃厚さ
のハーモニーが抜群で、新鮮(●´ω`●)
これ超好き。大好きです。


そしてこのオジさんなのか女子なのか分からない超可愛いカップに入ったミルクティー。聞いてはいましたが、濃厚でめちゃくちゃ美味しかったです!!

これは甘くして飲むのが正解らしいのですが、
私はノンシュガーでいただきました。

菠蘿油(ポーローヤウ)の適度な甘みに、砂糖を入れていない濃厚でクリーミーなミルクティーが劇的にマッチしました。(元々コーヒーもブラック派)

どちらもあまりにも気に入ってもう1セット行こうかなと思ったのですが、旅先なのに1日に2つも同じ物というのもいかがなものか、と思い直し退散しました^^;

満足過ぎた初香港ティータイムでした♪
この後もまだまだ香港さんぽ、続きます!


◆ ◆ ◆ ◆


今回、早朝空港ワンタン麺〜ビクトリア・ピーク、
と旅の滑り出しを早めに固められたのも、
ひとりっぷ®︎さんのこちらの記事を見たからでした。

グルメ! ショッピング! 観光! 「週末香港」を無駄なく楽しむ『プラン』とは

初めての場所だけにどうすれば最大限に楽しめるか
回り方から悩んでいたのですが、
初心者に一番効率の良いプランを伝授してくれて
とっても参考になりました^^

必ず香港に行きたくなる、ムックも要チェックです(*゚∀゚)っ

福岡の記事を書いてお茶を濁しましたが
ちゃんと香港に戻ってきましたよ。


さて、ホテルで仮眠を取った私、
まずはMTRに乗り尖沙駅で下車。
BlogPaint
彌敦道(ネイザンロード)沿いの・・・


PC162323
重慶大厦(チョンキンマンション)に両替にやってきました。
この建物内に、両替所がひしめきあってるのです。

前の記事にも書いた通りの良いレートで両替できてオススメです〜!でも入り口付近の所はよくないので、貼り出されてるレートを見比べてくださいね。奥の方に良い所が数件ありました。

重慶大厦、すっごい怖いところをイメージしてましたが全然平気でした。


んで、両替終わって北に向かいテクテク歩き。
PC162326
段々洋な感じになっていく街並み。


そして出会った高級ホテルをすかさず撮る。
PC162327
目にするだけでドキドキしてしまいました。
かの有名なペニンシュラ。


PC162328
ほんでね、なんか洋館風のが見えたから進んだら。


PC162332
やけに立体感のあるメルヘンな建物に興奮。

調べたら、ここは前水上警察本部だった建物を改装した、
「1881 HERITAGE」という複合施設なんですね。
超高級ブランドやホテルが入ってるんですって。


そっからまた歩きますと、風景がひらけてきます。
BlogPaint
ここを少し進むと、中環(セントラル)に着く
フェリーの乗船場所があります。


PC162342
フェリーは2階建なので、乗り場から分かれてます。

無意識に下層の方に進んでました・・^^
オクトパスカードでピッと通ります。

都度残高とか見てないから気づかないのですが、
フェリーめっちゃ安いんですよ。
香港人の生活の足なんだよな〜としみじみ。
あと、1階の方がわずかですが安いです。


PC162343
何やレトロな通路を通り、乗り場まで行きます。


PC162344
雰囲気ばつぐん。


PC162346
背もたれをギーコと動かして、どちらの方向でも乗れるようになっています。


PC162347
頻繁に行き来してるので他のフェリーもめっちゃ見れます。


PC162340
いざ出港〜!!
ものすごい結構揺れて風を感じて、さっきまで街中にいたのに気分がまったく違う。


PC162348
うん、ガイドブックで見てた景色!


PC162349
フェリーは、いちいちディテールが可愛いです。
すっごく古い船なんだと思います。
英字と漢字の並びにもえ〜


PC162365
ああ、並んだ浮き輪も可愛い。


PC162360
何だよ〜このレトロペイントは〜(●´ω`●)


PC162366
何のハンドルでしょうか。かわいい。ちゃんと機能してるのでしょうか。
おじさんたちこっち見てるし、香港の人ってカメラあったら目線送ってくるの気のせいでしょうか。


PC162367
床とかベンチとか、デザインもレトロなままですごく素敵でした。


PC162353
ちなみに、この後何回かフェリー乗ったのですが、
満足度高かったので1階に乗り続けました。

海がすっごく近くて船に乗ってる感が
こっちの方が感じられると思います。

ザブンザブンという音も、波の轍も、
案外水色で綺麗な海も、かすかな潮の香りも。
揺れた時のダイナミック感も良かったです。
(まぁ、2階は乗ってないんですけどね・・・)


という訳で、初のフェリー体験に大満足で、中環に到着。
お茶編に続きます。

ちょっと前のことですが・・・
数年来、気になっていたカフェにようやく行きました。


天神の南、薬院をさらに南下した「白金」なる町に、おわしまする一軒家。
 PB101458
素敵空間でいただくブランチが人気の
お洒落カフェー「白金茶房」です。

こちら、5〜6年前に流行ってた感はあったのですが。街のど真ん中から少し離れてるので、福岡にきた時はここまで足を伸ばす時間がなかったんですよね〜。

なので何気に念願っぽい感じで参ります。


BlogPaint
一軒家ってのがいいです 。
緑が素敵なアプローチには可愛いコリアンガールがウェイティング。
足をガッと出しているし多分そう。


PB101453
このグリーン&ウッディ&テラス感、大好物!!


BlogPaint
このテラス席に座りたかったけど満席でした。


BlogPaint
2階席に案内されました。高低差のついたお洒落フロアー。


BlogPaint
うん、こんな家に住みたい私。


PB101440
ここはパンケーキが人気です。
この「オレンジとクリームチーズ、ベリーのソースのパンケーキ」が非常に食べたかったんだけれども。


PB101439
一番スタンダードな「クラシックブランチ」頼むことにしました。


PB101436
写真では分からないけれど、めっちゃデカい器です。
水耕栽培ベジ・クイーンサラダ、もりもり完食。


PB101441
主役の登場。
どうしてもうまく撮れない。


PB101445
超美しくつるんと焼かれた表面、
丸く抜かれたバターと焼印がお洒落&純をアピール。
すごく良いです。


PB101448
なんか、あの、濃度の違うメープルだったと思います。


PB101449
たらりとかけて、サクッと切って


PB101450
断面もパーフェクト!
サクもちフワっとした感じの、全世代に愛される系です。


PB101447
シックなロゴ入りカップに入った
「満月の珈琲」確か中煎りをいただきました。
スモーキーでコクがあって美味しかったです。


お隣に座ってたコリアンガールが「カップの写真撮らせて〜」と言ってきて、早速 SNSにアップしていた模様。アイスコーヒーだから私のカップ、ロゴが入ってないの・・・と説明してたのが可愛くて、オフコースどうぞどうぞとカップを差し出しましたとさ^^


この素敵な箱を生かし軽めのお洒落ディナーも満喫できるようで、女子たちの御用達感が漂う一軒でした。

変わり種も食べたいし、近くに来たらまた寄りたいです!!



↑このページのトップヘ