館内を一通り巡ったら、早速自慢の温泉へ行きます。
藤もとさんには、男女別の大浴場が1つずつ、貸切風呂が4つあります。
これら、全て露天風呂です。(内湯もありますがほぼ外のような感じ笑)

露天風呂はすべて筑後川上流の小田川に面していて、
川の流れを見ながら、その音を聞きながらお湯を楽しめるのです。

夜ご飯の前に、まずは大浴場へ。
入口
ライブラリを出て右の扉からいざ。
ここからは吹きざらしですので覚悟して参りますよ。
(この辺りの写真は夜に撮ってますので暗いです)


階段
このような階段を下ります。


お外
手すりの向こう側はこのような感じ。外でしょ。


着いた
下りきるとこのような所に出ます。
安心してください、ここも寒いですよ。


脱衣所
脱衣所は明るく清潔。ストーブもちゃんと完備。
そりゃそうか。凍え死ぬわ。

この写真の右側に扉がありまして、一旦内湯があります。
しかし、ここは華麗にスルー。(体だけ流しました)

湯船
出ました。


湯船
上段は熱く、下段は少しぬるめというこの画期的構造。


目線を右に振って、よいしょ。
素敵
川が、川が流れておるぞ!!

下に目を振れば・・・はい、どうぞ!!
下には・・・
せせらぎが!!せせらぎと湯船が!!


足元に十分気をつけながら、川辺の湯船へおります。
ここはさすがに祖母が下るのは無理でした。。(無理ではないけど危ない)
浸かる
そして浸かる。
極楽とはこのこと・・・!!
上の湯船よりもぬるめで丁度よいです。


この眺め!
なんとワイルドなこの眺め。
水面と同じ高さでくつろぐ、なんていうことが可能です。
温泉に浸かる猿になった気分で感無量でした。


逆を向いてみます。
逆向き
川の流れに沿って下って行きそうな不思議な感覚。


いつまでも入っていたいですが、祖母が茹でダコになったら大変。
ここいらでそそくさと帰ります。


◆ ◆ ◆ ◆


さて、ここからは夕食の後に一人で入った夜の大浴場。

夜
おーっふ!!よいなよいな。


・・・?
湯気がなんかホラーな演出みたい。。


下にも
煌煌と照らされた下のとこにも行ってみます。


夜もよし
夜もやはり良し。だけど一人は少し怖い。
おかあさん連れてくればよかった・・・


一通り満喫して、退散します。

効能など
念のため成分表。その内読み解きます。
次の日祖母がすっごい元気だったのでこれのお陰かな?(楽しかっただけかもね!)


◆ ◆ ◆ ◆


湯船の写真は撮ってないのですが、翌日の朝食前に家族風呂に入りました!
看板
入口は大浴場の横にあったような・・・(既にうろ覚え)


看板
家族風呂は4つあります。
フロントにかかっている「入浴中」の札を持ってきて、それぞれの脱衣所の前にかけるだけという簡単さがよいですね!空いていればいつでも入ることができます。


貸切風呂
出典:http://fuji-moto.com/spa


貸切風呂
出典:http://fuji-moto.com/spa

写真がないのでまたしてもお借りしたもので失敬を…
私たちは室内っぽい所がいいという祖母のリクエストにより、四角い岩風呂に入りました。

家族風呂の脱衣所も、寒いです!笑
でもワイワイお湯に入ってたら嘘のようにあったまるので、帰りは平気です。入る時だけ我慢しましょう。ストーブはあったと思いますが「そんなヤワじゃないわい」とか言って、つけなかったような気がします。心臓危ないから、気をつけんと。


◆ ◆ ◆ ◆

ということで、昼間、夜、朝の温泉全てを楽しむことができました〜^^
昔の記憶通り、やはり自然に包まれて、もはや野生のお風呂。
とっても素晴らしかったです。

冬に行くと脱衣所が寒いですし、
まんべんなく(空気が)暖かい内湯もここにはありません。

でも、この露天があれば、後は何もいらないと思います。
ワイワイ自然を楽しみながら入るこの時間が本当に最高、大満足でした!

次は楽しみだった夜ご飯編です。