以前ブラジレイロの記事でもお伝えしたように、わたくしは九州人。
そしてばあちゃんっ子。(それは初耳かと)

実家に帰る度グランドマミーをどこかに連れて行こうと思いつつ、ふと思い立って出かけようにも寸前では予約も取りづらく・・・いつも流れ流れていたのですが、今回は誕生日プレゼントを名目に前もって計画して温泉に行ってきました!

祖母と私だけよりも、やはり3世代の方が楽しいということで・・・父と母含む合計4名での宿泊です!

行き先はこちら。
看板
熊本は阿蘇郡、奥満願寺温泉「旅館 藤もと」です。


黒川温泉の中心部からほど近く(5km程度離れてるかな?)の場所にあり、田園に囲まれたその環境は“隠れ家”というに相応しい素敵な雰囲気。次の日に黒川温泉周辺を散策するのもよいかもしれません。

この時は、夕朝食付きで一人当たり15,000円程度とリーズナブル。隠れ家といいつつ、親しみやすいもてなしと素晴らしい温泉で、知る人は知る有名なお宿なのです。

孝行のために宿を色々探しながら思ったのですが、コスパが大好物の私にはこの価格帯がベストな感じがしました^^


◆ ◆ ◆ ◆


さて、当日です。
入口
わーいわーい。着きました!
アプローチを撮ってみましたよ。

藤もとさんには、実は10年程前にも一度、おじちゃん夫妻に連れて来てもらったことがあって。前回の印象は主に以下2つ。

・朝食がめっちゃ美味しかった
・温泉がとにかく自然豊かで素晴らしかった


とにかく楽しい思い出がありまして、食事をとるダイニングから見える田園風景も素晴らしく、いつか絶対また来ようと思ってたので嬉しい再訪となりました^^

ここのお宿には、大浴場的な内湯もありますが外の空気にさらされている印象でした。温泉の選択肢としては、ほぼ「外」をイメージしていた方がよいかもしれません(離れの内湯は別)。この時がそうでしたが、寒い時期は結構寒いです笑。

駐車場から
これが駐車場から見た田園風景。ダイニングからもこんな素敵な眺めが楽しめます。
私と家族にとっては田んぼ自体は珍しいものではないのですが^^; このような里山の風景はやはり癒されますね〜。


早速着いてお部屋に案内されます。
と・・・油断してたぜ!!!
部屋
出典:http://fuji-moto.com/room

すみません・・・部屋に入るなり寛ぎ始めた父に妨害され写真が撮れず^^;
サイトからお借りした写真で失礼を・・

冬だったので、テーブルはあったか〜いコタツ仕様になっており、座布団は4枚ありました!

この座布団、高さのある固い素材のもので、膝の悪い祖母もゆったり寛げて良いなぁと思いました。
後からまたレビューしますが、食事をとるダイニングも掘りごたつで、ご年配の方にも安心してゆっくりしてもらえると思います。
広さ10帖の和室に3帖のソファスペースを設けております。ソファスペースは、木製のイスやテーブルを置き、窓の外の風景を眺めながらお寛ぎいただける快適な空間になっております。
●和室10帖+ソファスペース(洗面・トイレ付)
以上がサイトからの公式の部屋紹介です。
他にも和洋室や内風呂付きの離れなど数タイプありましたが、
一番リーズナブルな上記のタイプを1部屋予約しました。

大人4人でひしめき合って寝るのってどうかなぁと思ったのですが、これが案外とっても楽しかったのでおすすめです^^ 

風景
上の写真と違って窓からは葉っぱの落ちかけた木々その向こうの川が見えます。


ちょっと落ち着いたら、お宿の方がお部屋へ。
ウェルカムスイーツ
ウェルカムスイーツのおはぎとお茶を持ってきてくださいます。

遠出してきた後の甘いものって嬉しいですよね〜♪
絶妙にお腹具合に合うチョイスに感心。
甘さ控えめでとっても美味しかったです。

お宿の方が丁寧ではあるんですけど、何というか親戚のおばちゃんみたいで本当に寛げました笑。
うちはこういうのでいいんです〜^^うやうやしい接客には戸惑う、筋金入りの庶民。

◆ ◆ ◆ ◆


さて、お部屋も満喫したことですし、館内散策。
温泉はこの後いくので割愛するとして、風情ある廊下と玄関回りを。土間
すっきりとした玄関回り。


火鉢など
火鉢など置いてあって、風情があります。
お香のような良い香りが漂ってました。


PB252183
一つ外に出たスペースには、多分実際使える番傘(!)と、鉄瓶。


廊下
ピカピカの廊下。ここにも火鉢がありますね。


中庭
中庭から明るい日差しが差し込みます。
回廊になっていて、とっても清々しい。

◆ ◆ ◆ ◆


次は私が以前来た時、一番気に入った場所へ行ってみます。

ライブラリー
あああ〜変わってない!ライブラリー?談話室?
以前の素敵な雰囲気そのままでした^^


ライブラリー
逆側をば・・・


かわいい
木の窓枠がかわいい。ランプも可愛いです。


ストーブをつけることもできますが、いつも人が来る場所ではないので夜間は切られていたような。だからあんまりゆっくりするっていう感じでもなかったのですが(暖かい時期に来ればまた違うかも!)。

とっつきやすくサラッと読める、ちょっとカルチャー寄りの本のセレクトも好きで。
この窓際の光射す感じも好き過ぎて。

前来た時も、寒いのにここにしばらく居た記憶があります^^

カウンター
おしゃれなカウンターもあります。


ライブラリー
しつこくてすみません笑。この扉の向こうにサンルームがある感じが好き過ぎて。


奥
奥にはこのような素敵スペースが。


奥
ここも集えそうですね、素敵。


コーヒーマシン
寛ぎのお供にコーヒーと、


お茶
お茶。

私はそれぞれ2杯ほど飲みました^^


ランプ
カラフルでかわいいランプのコードには


小鳥の飾り
小鳥の飾りが!!
かわい過ぎるぞ〜!!

◆ ◆ ◆ ◆


という訳で、前回の記憶を辿りつつ館内をくまなく楽しみました〜!
お部屋の木の部分などには若干の経年劣化はあるかもしれませんが、他はあまり変わりませんでした。
とくにライブラリーは、10年越しでも変わらず大好きでした^^

次は、自然に囲まれた温泉へGOです!