遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

スマホ開通で、どこにでも行ける( ゚∀゚)アハハ八

と無双状態になったと思いきや
実は、現金を全く持っていなかったので
心もとなさがえげつなく。・゚・(ノД`)

パッサージュ・デ・パノラマの近くにある
両替所「Or et Change(オール・エ・シャンジュ)
のレートがとっても良いと聞いていた私、
そこへ行く気満々だったのですが・・・


おや?
P9124754
目についた銀行のATMで
キャッシングをしてしまいました…(・∀・)


マドレーヌ付近で身なりの良い人が多く
スリに狙われなさそうな雰囲気であったことと、

人通りの少ない場所にあるむき出しのATMは
使わない方が良いという情報を思い出して、

ここ、チャンスなんじゃ!!
と思い反射的に引き出していました。

全部思った通りにしようとすると疲れるし(・∀・)
レート覚えてないですが、そんなに悪くなかったはず。

ということで現金もゲットし自信満々。


メトロの写真を撮る余裕も出て来たよ。
P9124755
もー、好きです!パリのメトロ。


そして着いたのはここ。
P9124756
「パッサージュ・ジュフロワ」です!

・・・??
私、なぜここに来たのでしょう。

この辺り、前出の「パッサージュ・デ・パノラマ」
の目と鼻の先にあるのですが、
両替所が近いから来ようとしてたに過ぎない。

現金はもう持ってるのになぜ・・^^;
多分疲れてたんでしょうね。。

とりあえず、ずっと来てみたかった
ジュフロワを見学してみたという感じで!


◆ ◆ ◆ ◆


パッサージュ・ジュフロワが気になってたのは
十数年前、モデルのSHIHOが右肩上がりだった頃
雑誌MOREの特集でパリを訪れていて・・

あの頃の勢いあるSHIHOの可愛さと、
ジュフロワで撮影していたことがなぜか
めちゃめちゃ印象に残っているんですよね〜(・∀・)


パッサージュが何なのかも分からないまま
ただただ月日は流れ、近くを通ったという理由だけで
ようやく足を踏み入れることができました!


P9124758
かわいい(●´ω`●)

丸く突き出した看板も、レトロな天井も、
セピアな感じの全体の印象も。


P9124759
調べていてだいぶ泊まりたくなった
「ホテル・ショパン」もありました!

結構年季が入ったレトロさだったので、
久しぶりのパリには入門編ホテルの方がいいかと
今回はチェーン系を選んだのですが。

こういうプチホテルに色々泊まってみたい♪


P9124760
確かホテルの前を曲がったらここだったかな?
水色の壁と、SORTIEの文字も愛くるしい。


P9124761
図書館??こんなとこに?本屋じゃなくて?
古本屋かなぁ?
デザインが可愛過ぎて、色々と悶絶。


P9124763
昔の広告のポスターや、手前には絵本。
女の子が立ち止まってしまいました(●´ω`●)


そしてここからは、ジュフロワではなく
「Passage Verdeau(パッサージュ・ヴェルド)」
だったみたいです.。゚+.(・∀・)゚+.゚分かってなかった。
P9124766
ここは刺繍店だったみたいです。
今見たら、めっちゃかわいい。
入ってみればよかったと思っている。


P9124767
この「HOLY BOL」は、カジュアルなタイ料理店。

ここもいま見たら美味しそう(´- `*)
見逃してばっかり。。次は行きたい!


P9124768
古本屋かな?めっちゃ素敵で思わず撮影。

 
パッサージュを抜けて、ここはどこだ?
P9124769
覚えていない・・


◆ ◆ ◆ ◆


そして、お宿付近に帰って来たようです。
P9124770
シテ島に向かっているのかな?
でも何故??

自分の行動がまったく分かりません…^^;


P9124772
この時計が素晴らしいと思って写真を撮った。
それは覚えている(・∀・)

世界最古の公共時計なのだそう。すごいものだった。

向こうの丸い塔を見て、コンシェルジュリー?
と思ったらそうでした。アントワネット様の牢獄ですね。


この日はパリの9月とは思えないほど暑く、
30℃近くまで行ったんじゃないかしら。

疲れと渇きがピークに達し、カフェにイン。
P9124775
向こうに見えるは裁判所でしょうか?


場所柄なのか?ちゃんとした格好の方がたくさん。
P9124773
ディアボロ・マントを注文しました。

フランスの夏の風物詩と勝手に思ってますが
ミントの清涼感がイイね(´∀`*)
暑かったのでゴクゴク飲んでしまいました。

ミントシロップと微炭酸のリモナード…
と思ってたら、違った!
「Pscttitt!」って初めて見たけど有名なのかしら。


P9124774
かわいいコースター。
ディアボロ・マントのグリーンと水色があってる。

このカフェは、フィガロWEBの川村明子さんのブログで、
ここのクロワッサンがお気に入りと書いてあり、
ぜひ行きたかったお店だったので行けてよかったです!

暑くなければクロワッサン食べたかった(*´ -`)
また絶対行きたい、観光スポットにも近い素敵なカフェでした♪

外観や中も素敵だったけど、着いて一発目の
飲食店で少し遠慮しちゃって撮れませんでした笑


次はお散歩の後、行って見たかったスポットなどへ〜!


海外旅行で心配なのが、携帯、もといスマホの開通。

ということで、旅中はフランスの格安SIM
「Free」でスマホを開通したよ
というお話です(・∀・)
P9124753
マドレーヌ寺院にほど近い
「Free Center Paris」にやってきました。


場所はこの辺。ピンを立ててるところです。
no title
カフェ・プーシキンやエルベ・シャプリエ、
ラデュレにも立ち寄りたくなった抜群の立地。



FreeにはSIMカード購入マシンがあり
無人でいいならフランス中のTABAC(売店)にもあります。

初めてなので念のため、スタッフさん常駐の
店舗までやってきたのでした…(`・ω・´)


ちなみに、道が分からなくなるとテンパる私、
ユースのWifiであらかじめ道順を調べて
スクショをしてから出発しました!

0-1
シャトレで乗り換え…!!

大学の時、フランス人の先生が「シャトレでは絶対に乗り換えるな」と言っていたことが蘇りましたが。全然、何のこたぁありませんでした(・∀・) すぐ乗り換えられました。

乗り換え路線によっては異常に長い通路を通るので
人の少ない時間帯だと気をつけた方が良いとは思います。



0-2
マドレーヌ駅からの道順の確認もバッチリ!
いざ出発!



◆ ◆ ◆ ◆



昔はガイドブックや地図のみで旅してましたが、
今ではGoogle MAPに全てを記録してるので
スマホがないともう旅ができませんよね(。・ω・)ノ゙


ヨーロッパで通信できるSIMカード、
日本で買っておいた方がいいのかなと思い
Amazonで色々チェックしておいたのですが、、

容量少なく、価格もまぁまぁ高いやつしかなくて…
あとは口コミの少なさ等で躊躇(´Д⊂)


ちなみに今までは、2日間程度の旅で、
現在地情報出しっぱなし、マップをほぼ1日見て、
歩きながら調べ物、LINE通話や通信、少し動画を見て

1GBちょいのデータ使用量で済んでました。


写真や動画のアップロードをしないなら、
容量はそんなに要らないと思います!
(ホテルのWi-fiもあるしね)


ただ前半のお宿(ユース)が古い建物のため
Wi-fiがお部屋では繋がりにくいと聞いたので

(通信容量の)大事をとる&挑戦の気持ちで、
フランスの格安SIMにしてみたのでした。

容量に対してお値段破格で大満足でしたよ^^



◆ ◆ ◆ ◆



ということでFree店舗に行ったら、真っ先にマシンへ。
P9124746
上の「S'ABONNER」を押すと始まります!


注意点としては、以下。

●手持ちのスマホがSIMフリースマホである
●SIMカードのサイズを調べておく
  (iPhone 6SはnanoSIM)
●クレジットカードを持参する(支払いのため)
●SIMカードのオープナーを持っておく
(旅行時はクリップをいつもお財布に入れてます)
●日本で契約している通信会社のプロファイルを削除しておく
(私は帰国後すぐに戻せるように契約通信会社の
 プロファイルのリンク先をホーム画面に保存してます)


写真は所々抜けてますが、大体こんな流れです。
P9124744
まずは通信容量を選びます!

4Gの快適な通信が60GBも使えて、
8.99ユーロと激安の中央のやつを選びました。
2018年9月当時はこのプランがありましたが、
現在はあるかはわかりません。

デフォルトは左端と右端の2つみたいです。


これに、SIMカード代がプラス10ユーロかかります。
P9124747
ここでSIMカードのサイズも選んで合計18.99ユーロ。
2,000円強よりの強ですかね。。(計算せい)

容量60GB、速度4Gでこの値段はすごい(*゚▽゚*)
友達と2人でもテザリングすれば余裕だと思います。


P9124745
写真を撮り忘れているのですが、
一ヶ月だけor続けての契約かを選べる画面があるので
前者を選ぶと、自動的に1ヶ月分しか請求が来ません。


P9124748
支払い画面。


P9124749
言葉をEnglishにするには右側のボタンを押した気がする。


BlogPaint
諸々のピンコードなどが発行され。


BlogPaint
無事ゲット。
これからSIMカード挿入です。

PIN CODEが多すぎて、一見どれが必要か
分からないけど、SIMを差し込んだら
フィーリングで何となくわかった気がする笑

電話番号も付与されます。


P9124752
広〜い店内の端っこで黙々作業。


これまでの海外旅行時のSIMは挿入すれば即始まったので
かなり無防備で挑みましたが、一向に始まらず。

注意するべきことにも書いている
「プロファイルの削除」をしていなかったのが
原因だったのですが、この時丸腰すぎて分からず(・∀・)


店員さんに「できないの…」と泣きついたら、
スマホのキーボード表示をフランス語に変えて♪と
言われるがままに変えたら・・・
私のアイポンはいじくられまくり・・
そして、無事開通できました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


基本的なことなのに下調べが甘すぎました。
が、こんな時のためにも有人店舗に来て大正解!

着いてからずっとフランス人に助けられている。

この店舗自体にWifiがあるので、最悪色々調べたりもできます!


◆ ◆ ◆ ◆


最終日まで7日間、時に動画も見たりしながら
調べ物に、行き先検索に、MAPに・・・と
みっちり使ったのでめっちゃ助かりました!

60GBは到底使いこなせなかったですけど^^;

ブログをリアルタイムでアップしたり、
動画をアップしたりしたい人、
長期滞在される方には絶対おすすめです!!

でもwifiの届かない宿で安心して使えて、
2,000円強というコスパ抜群のSIMでした!

私はフランスに行くことがあったら、
また買いたいなと思ってます(´∀`*)


お次はいよいよ遊びに出かけます〜♪

空港を出て命からがら辿り着いたオペラ座前から、
早速今回の旅、1箇所目のお宿へGO。

そこで起こったいろいろのお話です(。・ω・)ノ゙


◆ ◆ ◆ ◆


今回は1週間の旅程の前後半でお宿をチェンジ。

パリのホテルは香港同様どこも高く、
ひとり旅なら尚更、高額な出費となります( -д-)

という訳で前半4泊はお安いユースホステルを、
最後の2日はお買い物(主に食品)を見越して
冷蔵庫付きのホテルを予約しました。



さ、宿泊したのがここ「MIJE Fourcy」です!
P9124730
これがユースホステル…!?
と目を疑う素敵な建物が一棟丸々宿舎なのです♪




ちなみに「MIJE」とは・・

Maison Internationales de la Jeunesse et des Etudiants
の略称で、若者と学生のための国際交流会館
のような意味合いですかね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ちなみに誰でも泊まれます。

他にもユースはいっぱいあったのですが
この歴史あるユースに泊まりたかったんです^^


パリの超絶中心地マレ地区に3つの宿泊所があり、
スタッフはフランス人か疑う程本当にヘルプフル。
中には例外なおじさんもいましたが(・∀・)笑


みんな機転が利いて、明るく、とっても親切。
さすが非営利団体なだけありました!


まさか私の窮地がその機転に
救われることになるとは…。・゚・(ノД`)


◆ ◆ ◆ ◆


旅行予約サイトにも掲載がありましたが、
私はMIJEの公式サイトから予約。

が、それが落とし穴になるとは(´Д⊂)
お察しの通り、予約が取れていなかったのです。


「ボンジュー!予約の●●です!」
「ちょっと待ってね…あら?名前がないわよ?」
「いやそんな訳…メールもあります!ホラ!」
「どれどれ…あっ!あなたリコンファームしてないわ」
「えっ!?」
「あいにく今日は満室なのよ」

 ( ・Д・)


「多分空いてないかもしれないけど…
 私たちは3つの施設を持っているの。
 同僚に聞いてみるわね!!」

 (´;ω;`) メ、メルシ…でも何故…


言葉を失った様子をお伝えしましたが。


まさかこの時代にリコンファーム
しないといけないなんて・・・!!


到着日が12時を過ぎる場合は、
前日までに電話でリコンファームしてね
としか
メールには書いてなかったんですよ(TДT)

私の到着はもちろん朝。

全員リコンファームしないといけないなんて
そんなことないと思うんだけどなぁ…
何かの手違いだったとしか思えません。。

でも、かろうじて空いていたFourcyの一人部屋に
滑り込ませてもらえたのでそれで良し!

2泊目からは元々希望してた女性ドミトリーに
入れるっていうし。とりあえずよかった。・゚・(ノД`)
受付のおねーさんありがとう・・・


ちょっとだけ高くなったけど、
宿無しの恐怖に比べたら全然マシです^^;


◆ ◆ ◆ ◆


という訳で色々あったけど、結果からいうと
とっても素敵なユースだったのでオススメです^^

私のような間違いを経験しないためには、
多分、旅行サイトからの予約が確実なんだと思います。
(載ってないこともあるみたいですけど)


その際、マレ地区に3つあるFourcy、Fauconnier、Maubuissonのどれかに自動的に振り分けられますが、そこもお楽しみということで(*゚∀゚)っ



さ、では荷物を預かってもらった後に写真をば。
P9124741
フランスらしい素敵な中庭があるんです^^
滞在中はよくここで座ってゆっくりしてました。


P9124736
お花。


P9124738
庭の一角から入っていくと・・・


P9124732
こんな空間が広がっていたり♪


P9124735
やばい、ここめっちゃ素敵やん。


P9124733
切り取られたお空。いちいちキュンとする。


P9124743
これは門を振り返ったところ。
全てのコントラストが美しく最高。

中央の木の扉がレセプションで、手前右に大きなクロークがあります。荷物取りたいっていうと、鍵を開けてくれます!


この後お出かけして、チェックインの15時に撮影したお部屋の写真も。
P9124787
このような個室でした。


P9124788
ジャーン。シンプル!
何だかとっても良い!!


P9124789
何のこたぁないシンプル過ぎるお部屋ですが。
この梁とか。


P9124790
この窓とかインテリアの質素さが、
昔ながらの売れない画家のお家みたいで萌え。


個室のシャワーはこんな感じ。
P9134805
清潔でなんの問題もなかったです。
トイレも部屋についてました。


P9134804
窓もあるので歯磨きながらパリの屋根を見てました。


P9124792
窓から見えるのはマレの裏通り。

現地の方々の日常を垣間見るのが大好きな私、
お向かいの窓や人通りに釘付け(*´Д`*)


P9124793
アパルトマンの側面のツルンとしたとこも好き。
(誰か分かってくれ…!!)


多分屋根裏のこの部屋、気候もあり少し暑かった^^;
ですが、窓を開けていれば問題なし!

そしてフライトで疲れ果てていたので、
1日目は個室でゆっくり眠れて良かったです^^


◆ ◆ ◆ ◆


手違いの予約ミス、チェックインで
着いて早々冷や汗かきましたが、今ではいい思い出!

1泊目だけ個室になってしまったので、
翌日また荷物をまとめて一旦預けないとなぁ…
面倒だけどまぁ後3日は同じベッドで眠れるし。

と思った時点で今思えばフラグ立ってた(・∀・)

再びプチ事件が起きるのですが、それはドミトリー編にて…


次は初日のお出かけ編いきます!


↑このページのトップヘ