遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

おはようございます。
P9134808
光り差す、素敵な窓辺…


私はパリで目覚めたのね・・・!!!
と無駄に高鳴る鼓動&疲れ切った体。・゚・(ノД`)
P9134800
うむ、明けておるね( ゚∀゚) パリの朝ですよ。


P9134799
下を向くと地下への階段発見。
これ翌日気づくんだけど、朝食会場が地下にあったのだよ。

そう、ユースに朝食は付いていたけど
旅初日なので、今日はパン屋さんに向かうの巻。


P9134811
お宿の可愛い照明。アンティークだったりするのかな。


P9134821
階段の雰囲気もとっても素敵。


P9134823
重厚で美しい。


P9134816
中庭には学生たちが集まってた。
修学旅行的な何かかな?
よく見たら右下の子たちめっちゃふざけてる。


◆ ◆ ◆ ◆


今回の旅の大テーマは、
したいことをする。


高いし…とか、お腹減ってないし…とか、
パッとしないことしてる私…とか。

いつもなら言いそうな言い訳は封印して、
楽しめそうなら何でも興味あることを我慢しない、
あと、納得できないことがあったら我慢しない。
そして無理してアグレッシブに楽しまない

うん、我慢しないがテーマだった(・∀・)
(あと、無理しない)


増え続ける「行きたい場所リスト」を
消化できる自信が全くなかったので、
この旅でしたいことを別軸でリスト化してみた。


1.ビストロノミーのお店でランチ
2.カジュアルなステーキ店に行く。ワインも飲む
3.クロワッサンの美味しいブランジェリーへ行く
4.パリならではのカフェで朝食
5.お洒落なブランチをする
6.新しいアートを見る
7.伝統のアートを見る
8.人気のパティスリーへ行く
9.サロン・ド・テでお茶をする



このリストを軸に候補店を見直し日程をこなしたら、
興味の対象をまんべんなく体験できて
とても行動しやすかった。

ショコラティエに行くとか、コスメハントとか
他にもしたいこといっぱいあったけど、
これらは行動の合間に挟む感じに。
全部はどうしても無理やからね。
ヨシヨシ(´・ω・`)


◆ ◆ ◆ ◆


さ、今回はリスト3つ目、
クロワッサンが美味しいブランジェリーに行く編。

その後の予定の動線的にもよかったので、
クロワッサンの口コミが多かった
「Blé Sucré(ブレ・シュクレ)」に行くことに。


ちなみに、この旅ではバスをめっちゃ利用した。

スマホなしだと難易度高いバスだけど、
google MAPさえあればこっちのもの(´∀`*)
MAP.Ble Sucre
(写真ちっさ!)
この時は、76番のバスに乗ったみたい。


メトロで行けるルートもあるけど
階段が面倒だし、景色も見えないし、バスが好き。
目的地の近くまで行けるしね!

時間が許せばバスにばかり乗ったよ〜(・∀・)
P9134830
お店のすぐ近くの大通り。
メトロの最寄駅は「Ledru Rollin」。


P9134827
Blé Sucréのイートインはテラスのみ。

テラスっていうか道やん(・∀・)っていうのは
フランス全土のカフェに突っ込みたい。

この日は小雨が降っていて肌寒くて、
ささーと食べてしまったのでささーとご紹介。


P9134826
クロワッサンと、カフェ・クレーム。
みんなクロワッサンだから食べカスがすごい^^;

そしてお盆やテーブルにパン直置きの刑。
フランスの洗礼を何の抵抗もなく受け入れる私…


クロワッサンはここが一番!の声も多かったけど
確かに美味しかった…けど…

ただ、寒い日だから? 朝一ではないから??
パンが芯まで冷めてて…。・゚・(ノД`)

あと、思ったよりも甘い風味がした。
私は甘いの好きなのでOKだけど、想像と違う人もいるかも。

サイズは思ったよりめっちゃ大きく、
パフッと噛みしめると、バターの風味を含んだ風が
口にふわっと広がって、甘くて、美味しい。

形は丸みを帯びてますが、仕上がりがまちまち?
私が見た写真では、巻きの部分がもう少し
はっきりと立ち上がってた気がする。

文句が多いな。


とにかく、少し想像と違う部分もあったけど、ぬくぬくのカフェとよく合う最高に幸せなパリ一発目の朝ごはんだったよ。キリッ(`・ω・´)


P9134828
ここはタルト・タタンも美味しいのだそう。
知らなかった…!! 大好きなので次は買いたい。

マドレーヌが有名なのは知ってたけど、
1個ずつの購入ができなかったので断念。
この後、図らずもマドレーヌにどハマりするので
買えなかったことをちょっと後悔しただわ。


マドレーヌ、写真右上のガラスケースの上に
置かれているやつ。個包装で持ち帰りやすそう。


◆ ◆ ◆ ◆


クロワッサンが美味しいという
15区の「Le Moulin de la Croix Nivert」
「La Maison Pichard」
も行きたかった…
今度はパリの左下を巡る旅をしてみたい。


そして何気に、ブレ・シュクレ周辺は行ってみたいお店が満載。
周辺
取り急ぎチェックしてたとこだけでも
パン屋「Farine&O」「Boulangerie BO」
ちょっと北上すれば「Maison Landemaine」
またまた北上してパティスリー「Broken Biscuits」
カフェ「Mokonuts」などなど…

この辺住みたいわ(*´Д`*)


P9134829
初の朝ごはんを順調にいただけて、
ルンルンで次の目的地へ〜! 

パリ市のお土産屋「Paris Rendez-Vous」を出て
BHVのあるヴェルリ通りまで北上。

お目当ての小さなパティスリー
Maison Aleph(メゾン・アレフ)」に到着。


こちら店構えもしつらえもめっちゃ可愛くて。

すんんごく写真に収めたかったのに、初日の恥じらいであまり撮れなかったので、ほぼ手元のみでお送りします。゚(゚´Д`゚)゜。 


店構えも他のメニューも本当に可愛くて素敵なので
お店のインスタグラムをぜひ見てね。

私の写真では5%も表現できてない。
P9124785
いきなりですがショーケース。
ね、もうかわいい(●´ω`●)

花びらとか、もう、キュンキュン。


こちらは角野恵子さんのブログで知り、
行けたらな〜と密かに楽しみにしていた場所。

オーナーはシリア出身の女性で、パリによくあるいわゆる“アラブ菓子”ではなく、子供の頃に食べていた本当に美味しいアレッポのお菓子を作りたい!と思ってお店をOPENしたとか。

シリアを中心とした地域をレバントというそうで「レバント菓子」って言うんですって。(すべて受け売り)


::::::::::


話は逸れるけども。


Alephという言葉、聞き覚えあり…?と思ったら、
昔使ってたアレッポの石鹸、まさにその生産地であった。
勝手に親近感が湧き嬉しくなる。


ていうか待って。
今調べてたらあった。




オリーブとローレルの石鹸(ノーマル)2個セット[並行輸入品]


貰い物だったんでそんなに有名とは知らなんだ。。
評価良すぎてびっくりした(*´Д`*)

素材はナチュラル、めっちゃしっとりで使い心地抜群でオススメ。


::::::::::


脱線が過ぎる。


そう、アレッポのお菓子です。
もう頼んだもの出しちゃう。
P9124782
オススメを聞いてそのまま購入。
と、多分、カフェ・クレームでイートイン。幸せ。


私本当に写真が下手。
下手っていうか、ここのお店本当に狭くって。

お店のおねーさんがすぐ左にいて、
粘って写真を撮るのがもう恥ずかしくて
パシャっと撮ったらこうなるっていう。

そんな自意識過剰な私ヾ(´ω`=´ω`)ノ

ちなみにおねーさんはめっちゃ優しいので
皆は恥ずかしがらずに何枚も撮ろうね。


P9124784
オススメは、キャラメルの何某と、
手前は忘れたーーー。・゚・(ノД`)

レバント菓子の特徴は、このパリパリの生地。
パリパリと言うとパイみたいだから適切ではないような。。

ほっっそい麺みたいなのがぎゅーっと集まってる
生地なんですけど、言葉を超えた美味しさ。

ザクッというと繊細さに欠けるし・・・

繊細だけどぎゅっと安定感あるベースの生地が、
ふくよかなキャラメル味のクリームをふわっと纏ってて
生地のベーシックな味とトッピングが合ってて、
全体のまとまりが完成度高い。

えっと、美味しいです。

あんまり食べたことない美味しさに
終始笑顔かつテイクアウトもしてしまったという。

食の感想は難しい・・・(●´ω`●)


P9124786
今日中に食べれそうな2個しか買わなかったけど、たくさん買えば可愛いBOXに入れてもらえるのだ(●´ω`●)

店舗の水色も、失われつつあるシリアの建物などからインスピレーションを受けてるんだって。ええと、全て角野恵子さんのブログ情報だよ。


シリアは美しい国なのだ、この美しさを伝えるのだ、
そんな意思を感じる、未体験食感のお菓子。

美味しくて可愛いアラブのレバント菓子を
また絶対食べに行きたいなと思った。


写真下手ついでにもう一枚。
P9124783
床のタイルもめっちゃ可愛かったです。
大理石柄のテーブルも。

恥ずかしがらずにもっと撮ればよかった。


::::::::::


さすがにくたびれて、宿に戻って夕方から爆睡。


起きると、なんと。
P9134794
夜になってたーーしまったーー!!!

食べる予定のもの、いっぱいあったんのに(´;ω;`)
夜ご飯を一食逃した悲しさよ。

でもさすがに初日で疲れ切ってて、
この暗い中出て行こうとは思えなかった私。。


P9134795
人様んちの窓明りを見て、もの思いに耽り。
(この地区に住めるって相当お金持ちでしょ、とか。夢がない)


P9134796
こんななんでもない風景が、パリにいるんだって一番感じる。

着いた喜びを噛み締めながら、
再び眠りにつきましたとさ・・(´∀`*)

肩慣らしの1日目、終了。


ではでは。

シテ島で少し休憩したら北上し右岸へ。
再びお散歩に歩き出した。


パリ到着後からずっと歩き通しのこの日、さすがに疲労が溜まって来たので…マレ地区付近をウロついて宿に戻ると決め、こちらにやってきた。
P9124776
パリ市庁舎 Hotel de Ville(オテル・ド・ヴィル)の中にあるギフトショップ、「Paris Rendez-Vous(パリ・ランデヴー)」


ブルーの看板、書体がおしゃれ。

ぶどう、クロワッサン、ハートの3つがトリコロールカラーで表現されてるの(●´ω`●)


P9124777
市庁舎に併設されてる観光案内所に、パリ市直営のギフトショップを設けたという寸法。

観光に必要なパンフレットなども手に入るし、
旅行者はここに来れば何か得るものがあるという。

この看板も素敵でないかい。


P9124778
階段もトリコロールカラーでにくいねぇ(´Д⊂)


ここのグッズはかわいい物もたくさんあるけど、中には女子がターゲットなのかな?と思われる、パリジェンヌが自転車に乗ってエッフェル塔の前を通ってます…みたいなコテコテのデザインも…

この日はこれ!というものがなくて購入には至らず。


が、悩んだものもあり!
P9124780
この一角のTシャツとか、


P9124779
この袋の中に入ってるんです!めっちゃ可愛かった!


P9124781
夏になると出現するパリの砂浜?
パリ・プラージュのデザイングッズも。
めっちゃかわいい。 

今見てたらやっぱり買ってもよかったかな〜なんて。。

お土産にぴったりのパリらしいグッズがたっくさん並んでるので、一度覗いてみたら良いかも。


↓パリナビの詳しいページがあったので参考までに
https://paris.navi.com/shop/233/ 


メトロの駅からもBHVからもすぐだし、
マレ地区ショッピングのついでにちょろっと寄れる 
素敵なパリ市直営お土産店でした。

ではでは。

↑このページのトップヘ