遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

Atelier des Lumières(アトリエ・デ・リュミエール)
を後にする頃にはすっかりお昼を回ってて
ランチに向かうことにしたのですが・・・
P9134924
(これはどこや)


やりたかったことリストの1 、
ランチの記録をしておきたいと思います^^


リストは以下。
(あ、6.も叶ってましたね(*゚∀゚)っ)

1.ビストロノミーのお店でランチ
2.カジュアルなステーキ店に行く。ワインも飲む
3.クロワッサンの美味しいブランジェリーへ行く
4.パリならではのカフェで朝食
5.お洒落なブランチをする
6.新しいアートを見る
7.伝統のアートを見る
8.人気のパティスリーへ行く
9.サロン・ド・テでお茶をする
 



カジュアルなビストロ形態だけど
こだわりの味を楽しめる、みたいな感じで
“ビストロノミー”という言葉を捉えていた私。

合ってるのかしら^^;テキトー笑


もはやどっからビストロノミーで
どこからがビストロなのか分かりませんが、
フレッシュな野菜を使っていて
伝統的な出で立ちでない

それがビストロノミー・フレンチだと
勝手に思っていました(*゚∀゚)っ

間違ってる可能性、大!!
ヾ(´ω`=´ω`)ノ



◆ ◆ ◆ ◆


とにかく旅先では、そして一人旅なら尚更
レストランに入るのが億劫だし、
ちょっと良い物を食べるぞと張り切る程
お腹が減らないし…(´・ω・`)

というシケたマインドで、高くないローカルな
ご飯にしか手を出さなかったのですが、
美味しそうなお店、気になってはいたのです。

ということで、一つでもチャレンジしたい、
しかもランチなら入りやすいだろうと、
今回はリストに加えておいたのでした^^


◆ ◆ ◆ ◆


私が勝手にビストロノミーちっくだと思っていた
お手頃で評判の良いお店、結構ピックアップ
していたのですが・・・


かの有名な「Septime」は人気店過ぎて
予約が取れなさそう&恥ずかしくて(何でや)断念。

Google Mapで見つけた
「Le Servan」は美術館からすぐ過ぎて、
モジモジして諦めまして。

「Pirouette」はこれまた人気店そうで
人見知りそうなのと、動線から遠くて…


他にも行きたいとこいっぱいあったけど、
まぁ、基本コミュ障を理由に諦めました(・∀・)


かくなる上は、動線上にある良さげな所に
「頼もう!」するしかないよなー…
ということでやってきたのがここ。


19区に近い、ギリ10区にあるビストロ
「Fraîche(フレッシュ)」です!
P9134933
シンプルな小ぢんまりした外観も素敵。


こちらもGoogle Mapで見つけたのですが
なかなかの人気店のようで評価も高く。

アトリエ・デ・リュミエールをバスで北上して、
その後ウロつきたかったサン=マルタン運河への
動線も良いので、こちらに直撃することに。


席はほぼほぼ埋まってましたが、
勇気を出して「1人いいですか〜?」聞いたら
一番奥の小さなテーブルに通してもらえました^^

よかった・・・!!
ここまで来ればあとはなすがままじゃ(・∀・)


デジュネのムニュから何かを頼んだのに、
もう何が何やら「美味しかった」ということしか
覚えておらんとです・・・!!

前菜のスープ?だと思われます。
P9134928
ビーツですよね・・・


P9134927
中央のサワーでクリーミーなsomethingが
ザックザクのクルトンと非常にあってて
ビーツ?の爽やかな風味とマッチしてまして
非常に美味しかったのです・・・

ってこんな感想しか残ってないなんて
私は一体何をしに行ったの(・∀・)

おフランスで初めての一人外食で
余裕がなさ過ぎましたね…(´・ω・`)
やはりレストランは、友と入りたいものです。


でも美味しかったです笑


P9134929
余裕がないのでもちろんノンアル。
ドゥロガズーズシルブプレです(`・ω・´)
(訳:ガス入りの水くんろ)


皿向こうのズダ袋に入っているパンが、
酸っぱい系でめちゃうまでした!
たくさんは食べれなくて残念でした…


んでメイン。
P9134930
ポーーーークを頼んだように思う。
(ハンバーーーーグの要領で)


P9134932
さっぱりとしたポーク&ソースで美味しかったです。
トッピングのイチジクの
プチプチ&甘みがおもしろかった^^


ただ、この日以降、レストラン&パティスリーにおいての私のアンテナ、若干不調だったように思いますの。(食べたいイメージ通りものをオーダーできたかという意味で)


この日のメインは煮込み系のホロっと系で、
本当はジューシーグリル系が食べたかったのに
ロクにフランス語を調べず頼んだ私が悪い。

この日はお魚にしてもよかったかな。
お察しの通り多過ぎましたしね…(´Д⊂)

デザート食べたかったけど入るわけなく(´Д⊂)


ちょっとお腹を落ち着かせて、お店を後にしたのでした〜。


◆ ◆ ◆ ◆


初めての一人ビストロノミー体験 in おフランス
にしては上出来だったのではないでしょうか!

素敵な寛げる店内でヒネリの効いた
モダンフレンチを頂く大満足の時間でした^^

ただ、フレンチの量を甘く見ていたのが誤算。
美味しそうなデザートも入らず悔しかったです。


スターター・メイン・デザート・カフェ、
そしてワインの一杯でも、
さっぱりとこなせる大人になりたいわ^^;

品は良いけどカジュアルですし、
飛び入りでも優しく受け入れてくれたので、
私のようなひとりごはんにもいいと思います^^


↓日本語で読めるサイトもありました!
https://www.fraicheparis.fr/ja/ 


パンパンのお腹を抱えてお散歩などなど、続きます〜!

ホールから出たら、上映中のアーティスト紹介が。
あの恐怖のお顔じゃないですかぁ〜…

P9134907
HUNDERTWASSER(フンデルトヴァッサー)
というオーストリアの芸術家なのですね。

オーストリア政府観光局のサイトに、
フンデルトヴァッサーハウスなる建物など
載っていてめっちゃ行きたくなりました(*´Д`*)


◆ ◆ ◆ ◆


さて、外に出たらお楽しみのミュージアムショップです。
P9134916
建物自体も小さいので、ほんの少しなのですが、
楽しくて見応えありました^^


置いてるものもセンス良くて。
P9134908
展示とは何も関係ないゴム跳びのゴムとか笑
めっちゃかわいい。


P9134909
壁一面のお花はワンピにはならなかったけど
マグカップにはなっていましたね。


P9134910
かの有名な絵が、まさかの立体に!!

3Dになるといろんなことが気になりますね。
男性がにょーんと首伸ばしてるなーとか
髪天パだったのね、とか。。

コップもありますね!
用途が思い浮かびませんが。


P9134911
お皿が案外美しくてよい。


P9134912
金ピカのノートだってばよ。
日常で使うシーンが思い当たらないけど
飾るものなのかな。


P9134913
展示とは関係ないアンティーク調のもの。
パリを彷彿とさせる関連で置かれてるのかしら。

ここで唯一買ったのも、パリの本でしたし。
本屋さんでも買えるっていう。


P9134914
かわいいピアス。


P9134915
クリムトのパターンのクッションカバー。
これ、、買えば良かったかも。
今見たらかわいい(*´Д`*)


P9134917
フンデルトヴァッサーとエゴンシーレの本が。
やっぱりそうだったのね(ホッ)


P9134918
金ピカノートのバリエーション。


P9134919
優しげなノートもありましたよ。


こちらではエコバッグが欲しかったのですが、
ネットで見てたかわいいやつがなくて
断念したのでした(´・ω・`)

工場のシルエットちっくなギザギザ屋根に
Atelier des Lumièresの文字が入った
とってもかわいいやつを狙ってたのに…

どどーんと「ADL」書かれておる
日本人なら●代目を彷彿としてしまいそうな
代物だったのでやめておきました(´;ω;`)


全体的に、置いてあるものがセンス良く、
さすが新しいミュージアムだなって感じでした♪


次はランチに向かいます〜!

この美術館を見つけたきっかけが
「ハレ旅」っていうガイドブックだったよ〜

だから情報を違う角度から見られる
ガイドブックもたまにはいいわよね〜
と言うお話から・・・(●´ω`●)


旅の現地情報はネットでこと足りるのですが

初めて or 久しぶりの場所や
何となく街全体を把握したい時は、
日本にいる間にガイドブックを一冊買って 
出発前に一度じっくり読んでおきます^^


今回はこれを購入しました。

 
ハレ旅 パリ (改訂版) 単行本 – 2018/7/20


ハレ旅は、香港版も持ってます♪

まんべんなく情報を網羅しているけど
一つ一つをきっちり紹介してて、初めての場所の
予習編にはちょうどいい本です。
真面目に知れてテンションも上がる、みたいな。

ただ、分厚いので携帯には不向き。
巻末マップのみiPhoneの予備で持って行きました。
 


あと、立ち読みした感じでは「地球の歩き方ムック」もいい感じ。
 
地球の歩き方MOOK パリ ランキング&マル得テクニック! 2018~19 (地球の歩き方ムック) ムック – 2018/3/8

最新&気の利いた情報をサッと網羅するには、
このシリーズかなり良いと思います(・∀・)つ

現地通の生の声をたくさん載せている信頼の一冊。
めっちゃ評価高いのも頷けます。


私は本買う時には大体ブログ等で見尽くしてて
最近の情報はほぼ仕入れ済みなので…^^;

これの香港版も気になったのですが買わずじまい。

次、もし急遽旅立つことになったりして
その土地を何も知らない状態から買うなら、
絶対このシリーズが欲しいなって思ってます^^
旅先にも持っていける軽さだし♪



◆ ◆ ◆ ◆



だいぶ脱線いたしました。


ということで今回は、
ネットじゃなくてガイドブックで知った
新しい美術館へ行ってきたのです!

それがとっても良かったので、ご紹介(´∀`*)



やって参りましたのがこちら。
BlogPaint
「Atelier des Lumières(アトリエ・デ・リュミエール)」
2018年にOPENしたばかりの新スポットです!


上の看板にもあるように、列を避けたければ
ネットで前売り券買えよ。と。

だから私この日の朝イチの前売券買ってたんですけど
オープンに時間かかるのがTHEおフランスでして…

ふつーに15分くらい並びました(・∀・)


多分当日券だともっと待つんでしょうね。


P9134920
帰る時もこの行列でした。


この時は、クリムト展でした。

この人だったらオラも知っとる(☆゚∀゚)
と思ってチケットを買ったのだよ。


さて。

入るといきなりルネッサンスな絵が・・・(違う?)
P9134836
壁いっぱいの絵画。大迫力です。

ていうかもう始まってるのね・・・(・∀・)つ


この美術館は、音楽に合わせてアートムービーが
エンドレス上映されているようです。

何人かのアーティスト、または企画で構成されていて
上映時間は(多分)全部で50分もないかな?
という感じ。


絵画が映し出されてグーっとズームインしたり、
スーッと消えたりモクモク〜っと別の絵が現れたり。
抜群のセンスでなめらかに移り変わっていきます。

かっこよくてシビれましたがな。


程なくしてクリムト始まる。
P9134842
うおおおお
クリムトさんが、スーッと大きくなって
儚く消えていきます。


P9134845
余談ですがこの床のパターンでワンピース作って欲しい。

床から壁から、アートで埋め尽くされて
そんでその中に包まれる私。

新しい体験すぎる.。゚+.(・∀・)゚+.゚


P9134846
木の枝のグルグルが少しずつ伸びていく。
名画がアニメのように動いてました。

どうやって作ってるんだろう。
面白い、面白い!


P9134852
このグリーンとお花たちがお洒落すぎる。
ワンピースの生地にしてほしい!(2回目)


P9134858
タッチが変わった・・・?

と思ったらこれ、エゴン・シーレですかね??
違う??

間違っていたら誰か…誰か教えてつかぁさい…
それともクリムトってこんな振り幅おっきい人なの。


障害物の陰のベンチに腰掛けて
近くの壁をずっと見つめていたのですが、
そろそろっと場所を移動。


P9134860
そうしたら、また違う美しさ。


この美術館は大きな箱になっていて、
ロフトのような2Fや階段、1Fの床、
あちこち設けられている壁や何かの陰など
いろんな場所で好きに楽しめます。

この自由な感じがめっちゃ楽しい!!


P9134861
ちょっと高いところから撮ったような。


P9134862
階段に座って見るとこんな感じ。
絵画があらゆる壁と床に投影された様が圧巻。

近くの壁を見ているのとはまた全然違います!


P9134863
あ、ここまでくるとクリムト先生とわかりましたが。


P9134865
グリーンから、イエロー、ブルーと
色彩がどんどん変わっていって


P9134867
はわわわーー幻想的。
絵画のアイコニックな部分をコラージュしているのかな?


P9134868
そしてエンドロールが。


その後始まったのが
P9134870
こちら。


P9134871
森?の中の奥に誰か倒れている。
美しくてちょっと怖い。


一気にタッチが変わり。
P9134873
ざわざわ


P9134874
なんか綺麗な街並みなんだけど。
木になる目線と、ベタ青い空…


P9134875
って…めっちゃ目が…!!!
病みレベルが跳ね上がる。


P9134876
ホッ・・・


P9134877
ホッ・・・??


としたのもつかの間。
P9134878
綺麗なんだけど、そこはかとない不吉さ


と思っていたら。
P9134879
予感的中・・・怖い。
子供の悪夢のような絵ですね。


P9134881
あわわわわわわ
肝を冷やしたが美しい。


そして。
P9134883
無機質な線がビヨビヨって踊り出したので
・・・!?と思ってたら


P9134885
「ポエティック AI」ですって!
センス!センス!!(好きってことです)


P9134886
ここで一旦クリムト印。
パチパチパチ…!!(´∀`*)

素敵でした!!


P9134887
ロゴマークも映し出され、ちょっと間が空き…


あれっと思ってたらすぐに始まりました。
P9134888
今度は1Fの床に降りて来ました!

前方のお兄ちゃんを見習って、寝そべって見たよ。
マジでみんなこんな感じで見てます。

私ね、大きい美術館行くと
疲れて寝ちゃいたくなるんですけど。

ここはガチで寝そべられるのです!!
素晴らしすぎる。・゚・(ノД`)
多分寝ていい造りとかではないのですが笑

公園のようにリラックスしてアートを楽しめて
そしてアートが勝手に目の前にやってくる。

最高だと思います。

ズボラな人間にとっては
現状ぶっちぎりで最高の美術館(*´Д`*)


P9134889
ほんであのルネッサンスパートに戻りました。
(本当にルネッサンスでいいのかい)


P9134890
そう、これ確かルーブル美術館をずっと映してたような。
(またしても間違ってたらぜひ注意してください)


ルーブルに行かずして寝そべってルーブル堪能!!
わーいわーい♪


P9134893
床に映し出される模様にうっとり。


P9134894
ズームするとピクセルが。


P9134896
なんか広告みたいで可愛かったけど
これは誰?クリムトのものでええのかしら。


P9134898
と思ってたらクリムト再び。
一周回りましたね!


P9134900
もう少し見てたくて、グルグル木の枝を鑑賞。


P9134901
あーかわいい。


P9134903
ここ!ちょうど撮れたのですけど
モクモクモクって絵が切り替わって
とってもビューティフォー


P9134905
さっきのグリーンとは打って変わって
壁にも地面にも満開に咲いた真っ赤なお花。

鮮やかさにしばし浸り・・・


P9134906
ようやく出口へ向かいました。


◆ ◆ ◆ ◆


アトリエ・デ・リュミエール、
展示内容もキャッチーで訪れたタイミングも
本当に良かったんだと思いますが
アートに入り込む新しい体験でした。

大満足!!


体を覆うように迫ってくるアートが
次々と移り変わるのをジーッと眺めていると
まったく飽きることがありません。

一回の上映は多分40分強くらいかなと思うのですが、
何周でも見てられる気がします。

瞑想のようにいろんなことに思いを馳せました^^

大人気なのでネット予約がオススメ。
展示が変わるたびに訪れたいです!


ちょっと長くなったので
ミュージアムショップは次回!
 

↑このページのトップヘ