遅刻して早退

怠惰すぎる大阪在住OLの心と体(舌)の逃避行

さ、パリ記を延々と続けて参る。


これはサンポール駅から出たあたりだったかしら。
P9144975
広場のカルーセルが胸トキメかす。

宿の「Auberge de jeunesse MIJE Fourcy」
昨日は急遽個室に泊まったけれど、
今日はいよいよドミトリー。

ということで買ったものなど置きに一旦宿へ。


ベッドはここだってばよ。 
P9144979
ベッドの場所は早い者勝ちだそう。
あまり空いてなかったので天窓の明かり眩しいこちらに。


P9144978
ここはここで気に入りました。
ちんまりした天窓を背のびして覗くと中庭が見えるんだぞ。


この右側のベッドなんですけどね、なんですけどね。

翌日またここで事件起きるっていうことは
まぁ、翌日、知るんですけどね。。


P9144977
こんな作りの部屋で、電源独占できるのはええじゃないか(・∀・)


1フロアにこんな部屋が2つと、
ベッド2つの小さな部屋が1つありました。

各部屋にドアはなく空間が通じてる不思議な造り。


P9144980
これがベッド2つのスペース。
友達と泊まってここが空いてたらラッキー。


P9144981
このような廊下の先には階下に降りる階段と
シャワー室やトイレなんかが。

降りた先にドアがあって、そのドアの鍵をもらう感じ。
この造り、家みたいで楽しかった^^


P9144982
その先の個室にもこのようなスペースが。
実は翌日、逆側の部屋のこのベッドに寝ることになる。

3日連続でベッド変更。


要約すると、翌日の夜、観光でくたびれた私が
当初のベッドで早々に眠ってたら
小さい女の子連れた東欧系?のご婦人がきて

お前なんでここで寝てんねん(゚皿゚メ)

言われましてね。


え…(((( ;゚д゚)))


事情を聞いたら、受付のおじさんが隣り合ったベッド2つに
娘ちゃんと寝なさいと言った、これがその番号や、
ワレどうなっとるんやと言うわけです。

譲ってくれる?と聞かれたなら全然いいけど、
登場がまるでヤクザだったため、一応弁解する私。

ここのベッドは皆、好きに取ってますけど(((( ;゚д゚)))


それでも東欧ウーマンすんげー怒ってまして、
な、なぜ私が・・うっ・・(´;ω;`)ってなってたら

隣の部屋から初老のフランス人女性がパーン出てきて

ここでは誰もそのルール聞いてないし、
守ってもないわ!!(`・ω・´)キリッ


って言ってくれて泣きそうになった。。
マダムありがとう〜(´;ω;`)



ベッド譲るのは全然良いんだけど、
ここは論点はっきりせねば。

なぜなら今回の旅の目標は、
思ったことはなんでも言う、我慢しない、
納得いくまでやり切る、
なので
受付のおじさんのところにも勿論参ったわ。


ベッドの番号指定聞いてないし、人が寝てるかもって
ご婦人にちゃんと説明するべきでは?(`・ω・´)キリッ


って言ったらおじん、なんて言ったと思います?


あ〜〜君がベッドをどけばいいじゃないか(゚д゚)


・・・・・・


フランス人あるある〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚


と言うことでやり切って、
ある意味気持ちよくベッド譲りまして(´∀`*)
ご婦人も、誤解してたわごめんなさい…言うてたし。


それはさておき、ドミトリーからの風景はとってもよかったよ。
P9144986
この屋根が好きすぎて、この窓際ずっと座ってられる。


P9144995
学生がたむろする中庭。jeunesseのjardin的something。



P9144996
廊下の梁とかの感じも好きだし。


P9145000
初日にみた庭を上から見たり。
この渡り廊下好きよ。


P9144999
映画に出てきそうな館に無造作に泊まれる喜び^^



ということで、3日連続でベッドを変えた話。
ハプニングに対処する勉強になりますた。


実は4日めに、フランス人マダムが
私の部屋お隣の子帰ったからくれば?めっちゃ快適やで。
言うてくれたのですが、全日ベッドを変えるのが流石にしんどくて
ノーサンキューbutアイラブユーを全開にして断りました(´∀`*)

しかし本当に良いマダムで一緒に滞在できて良いかったです♪


次は夜のエッフェル塔などなど〜

ではでは。

 

「La chambre aux oiseaux」を出て、
運河を渡り少し南下。 

少しレピュブリックに近づいて来ました。
P9134961
この近くに、行ってみたいお店があったのだけど…


ここだ!
P9134964
映画関連書籍やソフト、グッズのショップ
「POTEMKINE」です。

勝手に「ポテムキン」って呼んでるけど
合ってるのかしら(・∀・)つ

ポテム、って響きが好き。
ぽてむ・・(*´Д`*)



P9134962
何やら軒先でカフェもできるみたい。
オラの腹、もうなんにも入んねぇぞ(・∀・)

という訳でショップにIN。


◆ ◆ ◆ ◆


こちらはGoogle Mapで見つけて、
絶対行って見たかった一軒。


評価がめっちゃ高くて

「DVDのセレクトがスーパークール」
「ディレクターとの集会があってる」
「コーヒーも美味しいよ(*・ω・)ノ」


だのだの、良い口コミいっぱい。


しかも、店内の写真を舐めるように見ていたら
私の大好きなエコバッグを見つけまして。
こりゃ行くしかあるまい!!

ということで、この日のルートに勇んで加えたの。


エコバッグ、一角に少ししかなかったけど
可愛いやつばっかりだった!

映画作品がモチーフかつおとぼけデザインが多い。
(真面目に作った結果おとぼけというか)


ただ、何故かこの時購入しなかったわたし。

あとで可愛いやつに出会うかもしれん!
とブレーキかけてたのだと思うけども
今思えば買っておけばよかった.。゚+.(・∀・)゚+.゚


つい買ってしまったのがこちら。
P9175678
「この世界の片隅に」のフランス語版コミックです!

映画はもちろん視聴済みで、大好きな作品です。

主人公・すずさんの日常が
悲しい時代を背景にただ進んで行って、
辛いことをことさら演出するでもなく、
喜びはほのかな表現で描かれて。

いわゆる「戦争映画」ではなく、
恋とか人との衝突とか生活の些末な悩みとか
誰にでも起こる出来事がこの時にもあったっていう。

じわーっと、ああ、いいもの見たわ…
という気持ちが溢れてくる映画。
(感想が下手くそ)


原作漫画は気になってたけど、まさかフランスで出会えるとは!


P9175679
めっちゃかわええ。
ゆっくり読み進めようっと!


◆ ◆ ◆ ◆


さ、お目当てのポテムキンも消化し、
一路レピュブリック広場へ。
P9134965
あの悲しみの日から数年、
また訪れることができて本当に嬉しい。


ここからバスに乗って、マレまで向かおう。
P9134966
Google Mapって便利だにゃ〜
もうなかった頃には戻れない。。


さて、向かったのは、BHVのほど近く。
行けばトレンドがわかる(と聞いた)
パリッ子御用達インテリア雑貨店(と聞いた)
「FLEUX」だよ。

通りを挟んで2件あり、小物が多い方の店舗に行ってきた。よく拝見しているブロガーさんがここで可愛いポーチなど買っていたりして、気になっていたのだ。

フランス人オーナーが世界中から集めた雑貨が勢ぞろいなのだそうですよ。


置いてある商品ざざっと。
P9134967
珍しい香りのキャンドルたち。


P9134968
110%疲れてるってどんだけ。
めっちゃ欲しくなった。


P9134969
これも。

こんなTIREDって堂々と書いてるタンブラー、
職場に持って行きたくてうずうずする。


P9134970
これがお洒落なブロガーさんが
よく持っていたメーカー「WOUF」。

柄のキャッチーさと鮮やかさが抜群。
色使いもありきたりでなくて好き。

P9134971
こっちの色の方が正確です。
かわええけど、ピンとは来なくて自粛した。


P9134972
お土産にオススメしたい、
ザ・パリなプリントのメラミン素材のお皿。

お土産屋さんに置いてそうな気もするけど
絵柄自体のセンスが良く、同じようで少し違う。

シテ島とセーヌ川を見下ろした絵柄とか
あまりなくていいかも!


ここでも欲しいものはあったけど
まぁ…まだ初日だし、と思い直し購入せず。

ここも行けば必ず欲しいものが見つかるはず。


◆ ◆ ◆ ◆


さっきのカフェでハガキを書いていたので、
マレで開いている郵便局を探したら。
P9144973
マレの裏通りの奥深くに入ったところにあった。

日本でいう、日曜も開いてる本局の
荷物の積み下ろしとかする裏側に出ちゃった感じ。


P9144974
ちょっとドキドキしたけど、
普通にハガキに切手貼ってくれた^^;

ホッ…


ということで、マレまで来たらこっちのもの、
フラフラお散歩しながら一旦お宿へ戻ろう!

次はユース個室からドミトリーへ、の巻(*・ω・)ノ


ではでは!
 

お腹いっぱいでビストロを後にして。
ほど近くにはとっても行きたかったカフェがあったのだった。

P9134934
「La Fontaine de Belleville(ラ・フォンテーヌ・ドゥ・ベルヴィル)」

この時ね〜、お腹に1ミリも余裕がなくて…

元々のクラシックなしつらえを生かした
素敵な店内と、食べ物も美味しそうで…

そしてここ、ラ・ヴィレット方向に
コーヒーの焙煎所もあるようで。
WEBサイトには私の大好きなエコバッグも載ってて・・

行きたかったわぁ・・・(´Д⊂) 


今度パリに行くならここは絶対行きたい、カフェの覚書。


◆ ◆ ◆ ◆


さて、悲しみつつカフェの前を通り過ぎ、
サンマルタン運河をお散歩。
P9134935
だいぶ広くなっている辺り。
水面がめっちゃ近いので氾濫したら大変そう。


P9134936
この日は急に寒くなって、どんより曇り空。
人もまばらだった。


P9134937
突如現れるトイレ。

なんでこんな派手なの…と思い思わず撮影したような気がする。


P9134938
おお、サンマルタン運河らしい橋が!
と思った辺りで、寒くてギブアップ!!


寒い寒い…何かあったかいものを…ということでやって来たのが、人気カフェ「La Chambre aux Oiseaux」



店内。
P9134952
ここ、今回行ったカフェの中で一番好きだったかも。

昔からずーっとある老舗の小ぢんまりカフェ、
といった安定感ある雰囲気なのに、しっかりおしゃれ。


P9134946
有名な壁紙。
きゃわいぃ〜(*´Д`*)


メニューを見る。
P9134940
ここはプレートに盛られたブランチが有名。
食べたいよね。食べたいけど無理だよね。


P9134941
今度はこの12€の朝食を絶対食べるんだ!


ということで、おとなしくカフェクレーム注文。
P9134945
いたって普通のカップに普通のカフェクレームだけど、ほっこりあったまって美味しかったよう〜。・゚・(ノД`)

お店の方もちょうど良い感じに接してくれて、肩肘張らなくてよくて.。゚+.(・∀・)゚+.゚

ベスト読書スポットであることを保証します!


P9134943
デザートは、焼き菓子系の結構BIGなのが多かった。

何か少しでもここの物を食べたいし、マドレーヌとかないですかって聞いたけどなかった.。゚+.(・∀・)゚+.゚


P9134947
どこをどう見てもおしゃれ。

うっすい水色(に見える)と木の茶色、
この独特なパターンの壁紙に古書っていう。
素敵すぎる眺めにほっこり。


P9134951
みんな、本などを片手にまったり過ごしておった。


P9134948
もしかすると、ドリンクや食べ物が
最高峰に美味しいとかではない。

でも飲食店て本当に総合点。

もしもパリに住んでたとしたら、
超こだわりの豆使ったコーヒーが飲めるけど
おしゃれが度を越して落ち着かない所よりも、
確実に満足できるここにきっと通ってしまうと思う。

寒さも練り歩きの疲れも吹っ飛んだ、
心がホッとするbutおしゃれなカフェだった。



◆ ◆ ◆ ◆


さ、サンマルタン運河を進もうね。
P9134953
ああ!私の心に描くサンマルタン運河そのままだよ〜!


P9134954
若干紅葉が始まってる木々と、反射する水面。
美しい。寒くなければずっとここにいたい。


今地図で見てたら、アメリが石切してた場所ではない?
似たようなとこがまだあるのかもしれない。


P9134956
んで橋を渡る。


P9134957
佇む女の子。


P9134959
パリに来た感ある風景に、めっちゃ写真を撮ってしまった。


P9134960
この時、パリの街中で何回も
このJOHN HAMONポスターを見かけた。

何者.。゚+.(・∀・)゚+.゚


ではでは。

↑このページのトップヘ